旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

誰もが「サボり」たくなる場所に。Uターン者が作る新しい交流の場

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2016/03/04
誰もが「サボり」たくなる場所に。Uターン者が作る新しい交流の場
宮崎県出身アーティスト・小粥さんの作品

Saboribarにはたくさんの顔があります。たとえば地元で活躍するクリエイターの作品などを販売する雑貨店、近隣の方々がランチで訪れるごはん屋さん、学生が放課後にくつろぐカフェ、子育て中のお母さんからおばあちゃんまでがのんびり過ごすサボり場など…。

誰もが「サボり」たくなる場所に。Uターン者が作る新しい交流の場
母親の近くで子どもが遊べるスペースも

「この地域には交流の場がないと言われていました。だからまずは子育てに追われるお母さん達が、たまにゆっくりできてお茶を飲んだり交流をしたりできる場所にしたかったんです」。

カフェスペースには子どもが靴を脱いで遊ぶこともできるスペースも数カ所設置。お母さん達の目の届くところにあるので安心してくつろげます。

誰もが「サボり」たくなる場所に。Uターン者が作る新しい交流の場

「Saboribarは老若男女問わず誰でも気軽に入っていただけるように、コンセプトをかっちり決めていないんです。この地域ではちょっと気を抜いて現実逃避することを『サボる』って言うんですけど、忙しい時間の合間にちょっとだけ寄りたくなる、イタリアのバル(Bar)のような使い方をして頂きたいと思っています」。

誰もが「サボり」たくなる場所に。Uターン者が作る新しい交流の場

カフェスペースに使われているテーブルや照明などの家具は、運営している家具店で実際に販売しているものなんだそうです。上を見上げると確かに照明に値札が!気に入ったものは実際に購入できるそうですよ。

地元の人・食・自然とともにありたい

誰もが「サボり」たくなる場所に。Uターン者が作る新しい交流の場

商店街で10数年間空き屋だった2店舗を仕切る壁を取っ払って改装した店内は、雑貨や家具などがたくさん置かれている割に窮屈さを感じさせません。全体をウッディにまとめた店内の中でも特に目を引くのが、入口正面のキッチンカウンター。小林市の木に指定されているモミの木の廃材などを使い、長さのバラつきを活かしたつくりが印象的。

次ページ:地元産の食材を活かしたサボりバーガー

いま読まれてます
TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

 九州 PR動画で地方は変わるのか。宮崎県小林市の制作担当者に直撃してみた ★ 349
 九州 ふるさと納税で大ヒット!不況直撃の工場を救った「ままごとキッチン」 ★ 2081
 宮崎 思わず2度見。フランス人による小林市の移住動画に誰もがだまされる ★ 3147
 宮崎 高倉健さんが、あのCM撮影で連日通ったタンシチューが絶品だった ★ 101
 宮崎 高校生クオリティ高すぎ。小林市の新PR動画は47人のプランナー企画 ★ 610
 全国 地方の本気に全国が驚いた。今年話題を呼んだ全国PR動画まとめ2015 ★ 733
誰もが「サボり」たくなる場所に。Uターン者が作る新しい交流の場
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます