旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

5ヶ月で100万人突破!話題の新ミュージアム「ニフレル」のココがスゴい

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2016/04/09

みずべにふれる

5ヶ月で100万人突破!話題の新ミュージアム「ニフレル」のココがスゴい

「うごきにふれる」ゾーンに隣接するのが、2番人気の「みずべにふれる」ゾーン。明るく開放的な空間の中でお出迎えするのは、イリエワニやミニカバ、ホワイトタイガーなど。これまで水中で活動するいきものの多くは、餌や糞によって水が濁ってしまうため、鮮明に見ることができませんでした。ニフレルではハイレベルなろ過技術とノウハウを駆使して、よりクリアな水質で大型動物の水中での生態を見ることができます。これまで見たことのない、いきものの新たな一面に出会えるかもしれませんよ。

すがたにふれる

5ヶ月で100万人突破!話題の新ミュージアム「ニフレル」のココがスゴい

チンアナゴの砂の中の様子を見たことがありますか? 3番人気の「すがたにふれる」ゾーンは、光のドットが無限に続く空間にふわっと浮かび上がる、いきもの達の不思議なすがたを見ることができます。あらゆる方角から観察ができる水槽の中では、チンアナゴやダイオウグソクムシなど、いきものの個性的なフォルムや動きをアーティスティックに演出します。

WONDER MOMENTS

5ヶ月で100万人突破!話題の新ミュージアム「ニフレル」のココがスゴい

デザイナーで照明クリエイターでもある松尾高弘氏が手掛けるのが、まるで宇宙から星を眺めているかのような幻想的な空間アート。直径5mの巨大球体と床に描かれた光と音がプロジェクションされ、私達を包み込みます。

5ヶ月で100万人突破!話題の新ミュージアム「ニフレル」のココがスゴい

この他、水槽の中で色とりどりのいきものが生み出すアーティスティックな空間「いろにふれる」ゾーンや、いきものたちのオリジナリティあふれる技を間近で観られる「わざにふれる」ゾーンなど、空間ごとに様々な仕掛けと最新技術が活きています。

ニフレルは「いきているミュージアム」として、季節性や可変性をテーマに1年を通じて様々な変化を続ける、自由で個性的なミュージアムとして展開。4月1日からは『春にふれる「生きもののすみか」』と題して、いきものたちの多様な住環境を紹介しています。

GWはいきものの新たな一面を見つけに、ニフレルを訪れてみてはいかがでしょう。

NIFREL

住所: 営業時間: 10:00〜20:00
公式サイト: http://nifrel.jp/

  • source:NIFREL
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

5ヶ月で100万人突破!話題の新ミュージアム「ニフレル」のココがスゴい
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 和装が一番映える街、金沢。着物レンタルでカップル旅を格上げ
 全国 Airbnb発表「2016年に訪れるべき地域」。1位が大阪中央区の理由は? ★ 1323
 京都 いつも脇役のアイツが春の主役に!?京都水族館にイワシと桜吹雪が舞う ★ 16
 沖縄 沖縄オヤジの幼少時代が蘇る「沖縄こどもの国」がとってもニッチ ★ 18
 埼玉 はぁ〜いい湯だな♪全国対抗、カピバラの長風呂対決がかなり癒される ★ 35
 栃木 旅行プランが即決定!温泉・絶景だけじゃない、那須塩原のカップル旅 ★ 23
 中部 東海はペット天国だった。愛犬と旅行するのに「静岡県」が人気なわけ ★ 41