ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

時代は「デザイナーズ銭湯」。460円で楽しめる都内の豪華な銭湯5選

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2016/07/06

清水湯(武蔵小山)

 

Koji Furuieさん(@koji0430)が投稿した写真

大正13年から続く武蔵小山にある温泉「清水湯」は、2008年にリニューアルしました。

内観・外観ともにオシャレな装い。まるでどこかの旅館のようですね。「銭湯」とは思えないスタイリッシュさ。

玄関では植栽のあかりがお出迎え(画像クレジット:「清水湯」公式サイト)
落ち着く照明に照らされた玄関(画像クレジット:「清水湯」公式サイト)
女湯洗い場もオシャレな装い(画像クレジット:「清水湯」公式サイト)

こちらの温泉では2種類の温泉が楽しめます。そのひとつが100~200万年前の地層から湧き出る「黒湯温泉」。東京都内の黒湯の中でもキメが細かく、澄んだ濃い目の琥珀色の上質の温泉だそうです。新鮮なミネラル成分を蓄え、また保湿、保温の作用があるので美肌にも効果的です。神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩などの症状に効くと言われています。

黒湯露天風呂(画像クレジット:「清水湯」公式サイト)

500万年前の上総層群の地層、深さ1500メートルから湧出したのが、もうひとつの「黄金の湯」。

img04

切り傷、擦り傷、のどの痛みなどに効くと言われているヨード成分が含まれています。健康増進、切り傷、やけど、慢性皮膚病などの症状に効きます。
別途料金がかかりますが、サウナや岩盤浴の設備も充実しています。

従来の銭湯をは思えない「女子露天風呂」

【住所】東京都品川区小山3-9-1
【電話】03-3781-0575
【営業時間】平日 12時~24時 / 日曜日 8時~24時 / 祝日 12時~24時
【定休日】月曜日
【入浴料】460円 (岩盤浴料金 1,350円、サウナ料金 400円)
【公式サイト】http://www.shimizuyu.com

今までのイメージをひっくり返えす「デザイナーズ銭湯」にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

時代は「デザイナーズ銭湯」。460円で楽しめる都内の豪華な銭湯5選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 大分 大分「シンフロ」動画人気の裏側公開。唐揚げや温泉まで音に起用!? ★ 314
 大分 温泉でシンクロはできるのか。湧出量1位の大分県が前代未聞の挑戦 ★ 15273
 徳島 まだゴミ回収を待ってるの?収集車ゼロの上勝町に学ぶカッコイイ暮らし方 ★ 9613
 全国 地方あるあるに胸が痛い!女子高生と「地域活性化」を学ぶマンガ ★ 4062
 長野 「売らない・貸さない・壊さない」住民が団結した江戸の原風景を残す宿場町 ★ 3640
 全国 最も住みたい田舎No.1が決定!西日本がランキング上位を独占 ★ 3455