ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

海外も注目。古き良きニッポンで「古民家ステイ」が静かなブームに

TRiP EDiTOR編集部
2017/09/27

【長崎県 小値賀町】漁師や武家屋敷など廃墟となった古民家を再利用

nagasaki04
小値賀町にある古民家の外観 / © Ojika island tourism

 

island20170922

古民家の再生を利用して、じわじわと観光客が増えた島があります。それはわずか約2,500人(2017年9月現在)が住む、長崎県五島列島の北部に位置する小さな島、小値賀町。

そこに遺された地域資源を生かす体験型観光「島暮らし」「自然体験」を上手に売り出してきた島です。「暮らすように旅をする」というコンセプトをブランド化し、実現した島でもあります。

東洋文化研究者であるアレックス・カー氏とコラボし、漁師や武家屋敷など廃墟となった古民家を再利用し、再生。「古民家ステイ」、「古民家レストラン」として売り出しました。

島には6棟の古民家が点在しています。

まるごと一棟貸し出し。古民家の「鮑集」 © Ojika island tourism
nagasaki05
古民家「一会庵」 © Ojika island tourism
落ち着いた和室「先小路」 © Ojika island tourism

 

各古民家ごとにコンセプトも雰囲気も違っていますね。

観光推移
提供:観光庁

そして、この古民家の再生により、小値賀町の観光客や宿泊客数は、年々上昇。今後も伸びることでしょう。

おぢか島旅公式サイト

 

 

以上、古民家について紹介しました。

使わなくなった古い建築を再利用した古民家は今後もじわじわと人気を集めそうですね。今回紹介した古民家があるのは田舎。何時間もかけてコンビニやテレビもない場所を求めて多くの人がやってきます。もはや「何もないことを楽しむ」というのが現代ではとっておきの贅沢なのかもしれません。インバウンドに力を入れていきたいという古民家も多いので、今後も外国人の旅行客も多くなっていくでしょう!

 

 

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

海外も注目。古き良きニッポンで「古民家ステイ」が静かなブームに
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 その他のエリア 世界が「日本の抹茶」に恋してる。訪日外国人にも広がる本場のMATCHA ★ 246
 全国 移住希望ランキング、長野、富山、新潟、北海道はなぜ人気が高いか ★ 511
 全国 日本好きの台湾人が、二回目以降に訪れる意外な旅行先は? ★ 1232
 京都 外国人が殺到する城崎温泉、どうやって訪日観光客を36倍に伸ばしたか? ★ 3523
 その他のエリア 外国人の「日本酒」爆買いが止まらない。世界に広がる地元のSAKE ★ 991
 台湾 台湾と大阪、2つの地元を持つ日清食品の創業者「安藤百福」の半生 ★ 5343