ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

千葉にある不思議の島。歩いて渡れる無人島「沖ノ島」でプチ探検気分

梅原 慎治
梅原 慎治
2018/06/16

無人島なのに「沖ノ島」。なぜ? 房総半島の南側、内房に面する館山湾の一角に、ポツンと張り出した沖ノ島という陸続きの無人島が存在します。陸続きなのに「島」で良いのか? などと疑問に思う方もいらっしゃるかと思うのですが、この沖ノ島、元々は房総半島の沖合に浮かぶ小島だったのです。しかし、関東大震災による地盤隆起などの影響により、現在のような陸続きの姿になったのだそうです。つまり、元々は本当に「島」だったため、現在でもそのまま「沖ノ島」と呼ばれている訳ですね。

モンサンミッシェルのような海の道はSNSにぴったり

沖ノ島側から見た砂浜。穏やかな波の様子が見てとれますね。

そんな沖ノ島、砂浜と森、そして岩場がギュッと凝縮された冒険アイランドなのです。まずは砂浜、これは、堤防で仕切られた駐車場を兼ねた岸壁から島までの約250mの道が、館山市の海水浴場として指定されている砂浜になっているのです。弓なりに形成され、内房の穏やかな波が押し寄せる砂浜は、水も綺麗な事より、大変人気の海水浴スポットです。そして、まるでモンサンミッシェルのような海の道と島の共演は、それだけでインスタ映えしそうな雰囲気があります。

そこはもう南国の秘境リゾート

沖ノ島公園の案内マップ。良く見ると、入れる洞窟についてのヒントが!
白い砂と緑のコントラストが、まるで南国の秘境リゾートへと続く遊歩道のようです。
木漏れ日の漏れる草木のトンネルの向こうには・・・

砂浜を渡って辿り着いた沖ノ島は、様々な草木が生い茂る森であり、観光用の遊歩道が整備されています。沖ノ島は、周囲1kmほどの小さな島なので、遊歩道に沿って島中を歩き回ったとしても、1時間もかからずに歩き尽くす事ができます(あくまで遊歩道の範囲です)。また、沖ノ島自体にも、小さいながら砂浜が存在します。特に、島の先端側、地図でいう西側の海岸は、まるで南国の秘境リゾートのように、草木の生い茂る小道を抜けた先現れます。晴れた日には、その景色と波の音だけで、ゆったり1日過ごす事ができそうな雰囲気でした。

森の中に佇む神社

島内にひっそりと佇む鳥居があります。

また、島を散策すると「沖ノ島宇賀大明神社」の旗を見つけました。そう、沖ノ島には、宇賀明神という小さな社の神社が存在します。人で賑わう砂浜や岩場(磯)からすると、ひっそりとした雰囲気のあるこの神社、誰がどのような目的で建てたのか、非常に気になりますね。

宇賀明神のお社。

宇賀明神は、1096年(嘉保3年)に、京都からこの地に赴任してきた源親元が、地域産業の発展を願い、倉稲魂(うかのみたま)を御祭神として建立したそうです。ちなみに、倉稲魂は、農業、漁業、商業、における福神として信仰されている神様です。せっかく沖ノ島を訪れたのですから、参拝して行くと良いでしょう。

謎の洞窟があちこちに

休憩場所(右手前)と、トイレ(左奥)です。
入口が封鎖されている謎の洞窟です。

遊歩道沿いには、観光用に建てられた休憩所やトイレの他に、何かの跡地のような残骸が存在します。なかでも冒険心をそそるのが、入口を封鎖された謎の洞窟です。しかも、私が散策した範囲だけでも、2カ所、同じような洞窟がありました。防空壕のようにも見えますが、暗すぎて中の様子は分かりませんでした。洞窟といえば、この沖ノ島には、海岸沿いに入れる洞窟も存在するそうです。冒険好きな方は、ぜひ、海岸の洞窟を見つけてみてください。洞窟のヒントは、遊歩道入口の案内看板にあります。

こんなところに鬼の洗濯岩?

写真奥側に見えるのが、波状岩です。

また、岩場)は、ちょっと珍しい形状に浸食されています。具体的には、岩場が、何層にも重ねあわされた板のように形成されているのです。いわゆる、波状岩という地形ですね。宮崎県の青島に、「鬼の洗濯板」と呼ばれる波状岩の海岸がありますが、ちょうどそのような雰囲気です。そういえば、細い道で陸に繋がっている島の形態も似ていますね。神秘の光景と呼ばれる鬼の洗濯板に似た岩場を関東でも見る事ができるなんて、ちょっと得した気分になれますね。

波状岩の一部に、まるで大木の化石のように削られた岩を見る事ができました。

まとめてみると、モンサンミッシェルを彷彿とさせる海の道に広がる砂浜や、鬼の洗濯板のような岩場、南国秘境リゾートのような砂浜、冒険心をくすぐる森に存在する謎の洞窟や神社など、まるで、旅の楽しみを詰め込んだ宝箱のようですね。

草木のトンネルに覆われた遊歩道。

また、沖ノ島では、「たてやま・海辺の鑑定団」というNPO法人が、無人島探検や、自然体験シュノーケリング体験など、さまざまな体験プログラムを開催しています。観光で訪れた沖ノ島をもっと知りたいと思った方は、そういったプログラムに参加してみるのも良いかもしれませんね。

館山市の関連ホームページ
http://www.city.tateyama.chiba.jp/shoukan/page000033.html

NPO法人 たてやま・海辺鑑定団のホームページ
http://umikan.jp/nature/explore/okinoshima

梅原 慎治

埼玉県生まれ、都内在住のツーリングライター。主に関東近郊を走り周り、美味しい物や良い景色などを見つけて楽しんでいる。趣味としてフルコンタクト系の空手も嗜んでいる。

千葉にある不思議の島。歩いて渡れる無人島「沖ノ島」でプチ探検気分
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
ジャルカード さあ梅雨があけた。今年の夏こそ行ってみたい、日本の美しき離島
 沖縄 宮古島でカルト的人気「宮古島のまもるくん」の知られざるヒミツ ★ 63
  夏の離島ランキング、1位は黒島。「フォトジェニックな島」が上位独占 ★ 898
 沖縄 台風情報でよく聞く「南大東島」がトリビアまみれの島だった ★ 136
 全国 住んで、学んで、探して。全国の離島から始まる第2の故郷の見つけ方 ★ 41
 沖縄 そろそろ沖縄恋しい。日本の美しき離島「石垣島」で早くも海開き ★ 148
 香川 それは小豆島で起きていた。舟に乗り、瀬戸内の海を渡る醤油の現場へ ★ 187
 沖縄 この青、美しすぎて表現できない。宮古の日本一美しい橋「池間大橋」 ★ 107