旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

【私の出合った日本百名山】初心者から愛犬家まで楽しめる「入笠山」

私の出合った 日本百名山
2018/07/21

林道に沿った樹林の中を歩いて行くと、タチツボスミレが咲いていた。初めて見るサンリンソウもあった。ニリンソウとは葉の付き方が違うということを初めて知った。

またシカ除けゲートを通り湿原に入る。守屋山の山頂で見たピンクのハクサンコザクラが咲いていた。

ハクサンコザクラ

黄色のミツバツチグリも群生している。シロバナヘビイチゴもある。

シロバナノヘビイチゴ

なだらかに登ってきた。マナスル山荘から10分ほど登り振り返る。草原が見渡せ素晴らしい展望である。

上から入笠湿原を見る

樹林に入っていくと、ズミの花が咲いている。つぼみは濃いピンクでより美しい。ちょうどズミが満開の時期に来ることができてよかった。樹林に入って10分でもう入笠山(1955m)の山頂だった。

入笠山[1955m]の賑わい

山頂には多くの人が休んでいた。ゴンドラを使えば湿原を見ながら歩いてもすぐ山頂に着くのである。私も10時前に出発し、10時半には山頂に着いてしまった。しかも360度の展望があり、雪をかぶった中央アルプスや南アルプスなどの山々も見ることができるのである。

そして、北側には八ヶ岳の山々がでんと構えている。富士山も顔をのぞかせている。

山頂から八ヶ岳の展望

少し休んだら南方向の「首切登山口」へ向かう。山頂には大勢がいるのにこちらに向かう人はごくわずかである。ほとんどの人は来た道を戻る。針葉樹の背の高い樹林を歩いて行く。10分ほどで首切登山口に着いた。

ここからは舗装道路歩きである。2分ほどで登山口の名前になった首切清水である。「首切」とは、この清水で喉を潤していたところ首を切られたという伝説がある、という看板が立っていた。

今は舗装道路になっていて周りもきれいであるが、ほとんど人を見かけない。首を切られた江戸時代はもっと寂しいところだったのではないだろうか。舗装道路に昆虫の死骸があった。塩分を求めてかそこに蝶が集まっていた。ヒョウモンチョウの仲間だろうか。

蝶がたくさん集まってきていた

私が出合った「日本百名山」を中心に、いろいろな山を毎週1山ずつ紹介しています。 MMも8年目に入り、二百名山、三百名山、山梨百名山、静岡の百山なども紹介しています。

【私の出合った日本百名山】初心者から愛犬家まで楽しめる「入笠山」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
三井住友カード 旅好きが密かに駆使してるクレジットカードの裏ワザ
 静岡 【私の出合った日本百名山】静岡焼津市の「高草山」から見えた絶景 ★ 33
 京都 京都市内から30分ですぐ絶景。子連れで行ける週末「プチ登山」が人気 ★ 298
 鳥取 GWに五感を研ぎ澄ます。海外でも話題「森林セラピー」を体験してきた ★ 372
 九州 坂本龍馬も登った、天孫降臨の地として知られる「高千穂峰」へ ★ 33
 長野 日本にもこんなところがあったのか!外国人も驚く「上高地」の美しさ ★ 1328
 鳥取 海外でも反響、日本発祥の「森林浴」を楽しむ外国人観光客が増えるワケ ★ 1139
 広島 初夏の里山を歩こう。広島県「灰ヶ峰」で出会った生きものたち ★ 8