伝説の寝台列車が蘇る。旅人気分で泊まれる「トレインホステル北斗星」

Array
2018/11/03

2段ベッドのドミトリーは寝台特急の雰囲気たっぷり

そのほかの宿泊エリアは、すべてドミトリーで2段ベッドになっています。こちらももちろん北斗星をリアルに再現。

寝台列車と同じく2段ベッドになっています。半個室と同様に、ベッドや小物に北斗星のものが使われています。

上段に登るためのハシゴも寝台列車ならでは。ついつい登りたくなってしまいます。客室は禁煙ながらも、北斗星に設置されていた灰皿やミニテーブルの下にあるセンヌキなども残っていました。

通路には車窓からの景色を眺めるために廊下に設置してあった、折りたたみ式のイスもありました。ドミトリーはすべて同じ作りとなっていますが、フロアによってソファベッドの色はさまざま。

2Fの女性専用フロアのみ寝台を起こすと座席になる、ツインデラックスの仕様になっています。宿泊客はリピーターも多く、上段希望や、前回とは違う色の寝台に泊まりたいというリクエストを頂くこともあるそう。よりリアルさを求める人からは、宿泊しながら列車が走る音も聞きたいという声もあったそうです。

ベッドが向かい合わせになっているところでは、お客様同士が仲良くなることもあるとか。列車の旅と同じく、出会いが生まれる場所にもなっています。

いま読まれてます
 国内 韓国も負けてない。日本と韓国が誇る、美しい紅葉スポット対決 ★ 289
 その他のエリア 韓国人と中国人が気になっていた、日本とは微妙に違う礼儀作法 ★ 321
 神奈川 パン大好きドイツ人が選んだ、本当に美味しい「日本のパン」ランキング ★ 1312
 東京 終電逃してもそのままお泊り。BARとホステルが合体した東神田「KIKKA」 ★ 23
 全国 話題の「泊まれる本屋」以外にも。全国の一風変わった「泊まれる◯◯」 ★ 1798
エアトリインターナショナル オーストラリアってどんな国?夏までに行きたい「気になる都市」を見つけよう!
伝説の寝台列車が蘇る。旅人気分で泊まれる「トレインホステル北斗星」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます