旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

世界遺産に注目。20〜30代女性がいま行きたい「海外旅行先」TOP10

TRiP EDiTOR ニュース
2018/12/07

いよいよ12月、年末年始の長期休暇は友人や恋人、パートナーを誘って海外旅行へ出かけるという方も多いのではないでしょうか。複数人で旅行に行く際、まず決めなくてはいけないのが「旅行先」です。世界中に魅力的なスポットが多数あるため、どこに行きたいか迷って全員の意見がなかなかまとまらないなんてこともありますよね。

この度、株式会社JALカードが20代~30代女性500名に対して「旅行とマイルに関する調査」を実施しました。今回そのなかでも、調査項目の1つである「行ってみたい、またはもう一度訪れたいスポット」に焦点を当て、行き先を決めるのに役立ちそうな、いま女性が旅行で行きたい場所をランキングでご紹介します。

第10位 万里の長城/中国(26.6%)

image by:fotohunter/Shutterstock.com

第10位は中国にある城壁遺跡「万里の長城」です。1987年世界文化遺産に登録され、世界七不思議にも選ばれた中国を代表する名所です。なんと全長約2万kmにもおよび、人類史上最大の建築物ともいわれています。

どこまでも伸びる城壁は「龍の背中」にも例えられ、壮大なスケールを楽しむことができますよ。

第9位 オペラハウス/オーストラリア(32.6%)

image by:Lauren Orr/Shutterstock.com

オーストラリアにある歌劇場・コンサートホールの「オペラハウス」。20世紀を代表する近代建築で、白い貝殻のように見える独創的な屋根のデザインが特徴です。

コンサートホールには世界最大級のパイプオルガンがあり、年間1,500以上の公演が行われます。

「オペラやバレエの上演があり、流れる音楽や声など音が好きだから(埼玉県・36歳)」といった声が寄せられ、オペラハウスの奏でる美しい音色に魅力を感じる人が多いことがわかりました。

第8位 ウェストミンスター宮殿(ビッグベン)/イギリス(33.2%)

image by:Alexey Fedorenko/Shutterstock.com

 「ウェストミンスター宮殿」はイギリスのテムズ川河畔に位置する宮殿で、現在は国会議事堂として使われています。ビッグベンの愛称で呼ばれており、併設されている時計塔なら知っている人も多いのではないでしょうか。

全長約265mにもなり、11個ものガーデンがあり、部屋数1,100以上。夜にはライトアップもされ、美しいロンドンの夜景を堪能できます。

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅行に関するトレンドニュースをお届けします。

世界遺産に注目。20〜30代女性がいま行きたい「海外旅行先」TOP10
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 国内 全国でこんなに違う。飲んだ後ついつい食べちゃう「シメ」のグルメ ★ 145
 台湾 台湾人に恋した日本の20代女子が、夜の台北でバカになれなかった話 ★ 43
 海外 国会議事堂の中にまでサウナ。聖地・フィンランドと日本のサウナの違いとは ★ 103
 全国 うどん県だけじゃない。いま食べたい日本の絶品「うどん」百名店【2018】 ★ 115
 アジア しょうゆ、みそ、ワサビ。日本の調味料がアジア5カ国で愛されるワケ ★ 60