旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

外国人が溺愛する「ニンジャ」文化、日本人はちゃんと説明できる?

坂本 正敬
坂本 正敬
2018/12/12

素朴な疑問その2:忍者っていつでも黒い服を着ているの?

image by: David Minh TRA / Shutterstock.com

忍者と言うと、どのようなイメージがありますか?アニメや映画などで盛んに描かれる忍者は、決まって忍び装束を着ています。目の周りだけを残したずきんを被り、筒袖の上衣に手甲、はかま、脚半にわらじといったあの姿ですね。

黒装束とも言われるため、その色は黒を連想してしまいますが、実は真っ黒だと月夜や星空の下ではかえって目立ってしまうため、濃紺が基本だったと『忍者図鑑』(ブロンズ新社)に書かれています。濃紺に染めるための染料は独特の匂いを発し、ブルージーンズのように虫よけ、ヘビよけにもなったと言います。考えられていますよね。

(C)伊勢志摩観光コンベンション機構

もちろん忍び装束には茶色や灰色などもあり、その日の天候や環境に応じて目立たない色を忍者は選択していたと言います。さらに変装の達人で、農民や商人、坊主、武士などさまざまな姿に早変わりしたとも知られています。

司馬遼太郎『功名が辻』に登場した忍者の望月六平太と小りんが、数ある忍者像の中でも個人的には最も印象に残っていますが、彼らも作中でさまざまな姿に変装していました。さらに変装した職種に合わせて、言動も巧みに使い分けたと言います。忍者は黒装束を着ているというイメージは、忍者のほんの一面をとらえているにすぎないのですね。

忍者の衣装を説明する英文

Ninja wore navy-blue outfits because the deepest shade of black was conspicuous on moonlit nights. The dye compound could also deter insects like the original blue-jeans did. Ninja often wore other colors and disguises according to the surrounding environment.

翻訳家/ライター。1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。国内外の紙媒体、WEB媒体に日本語と英語で執筆する。 主な訳書に『クールジャパン一般常識』(クールジャパン講師会)。

外国人が溺愛する「ニンジャ」文化、日本人はちゃんと説明できる?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 日本産は次元が違う…海外でも絶賛された日本ウイスキーの聖地を巡る ★ 304
 その他のエリア 外国人の「日本酒」爆買いが止まらない。世界に広がる地元のSAKE ★ 1124
 全国 「すごい」を意味する方言が、全国47都道府県で全部違っててすごい ★ 4582
 鹿児島 「ぶり奨学金」でお父さんも幸せ。日本一若い副町長の長島町改革 ★ 225
 全国 「ふんどし」よ、世界へ。オシャレで健康的な日本の伝統下着に大注目 ★ 203