旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

2018年もまもなく終了。年末年始の海外旅行先トレンドはどこ?

村田由美子
村田由美子
2018/12/27

まもなく終わりを迎えようとしている2018年。お待ちかねの年末年始休暇に向けて、旅行企画を進めている方も多いのではないでしょうか。このたび、阪急交通社が年末年始(2018年12月27日~2019年1月5日)海外旅行・国内旅行の予約状況まとめを発表しました。いったいどんな流行が生まれているのか、早速チェックしてみましょう!

海外旅行は「ヨーロッパ」「エジプト、モロッコ」、国内旅行は「沖縄」が予約数1位に

2018年のカレンダーでは、会社員の人も休暇の取り方次第で長期旅行が可能となるスケジュール。そのため、長い旅行期間が必要となるヨーロッパやエジプト、モロッコ、トルコなどの遠距離方面にも人気が集まっています。

image by:paula french/Shutterstock.com

なかでもエジプト前年比3倍弱という勢いで予約率が上昇。日本ほど冷え込まず、ベストシーズンとも言われる12月のエジプトは最高のタイミングであるとも言えます。

ヨーロッパではイタリア、スペインが牽引。短期間での旅行が実現する韓国、台湾などアジア方面も引き続き根強い人気に。年末年始も休まず働く社会人の人も多いからか、アジア圏は1月2日(水)に出発日のピークを迎えているようです。

image by:San Hoyano/Shutterstock.com

一方の国内旅行では、ほぼ全方面において前年を上回る予約になっています。予約数1位となったのは沖縄で、豪華なリゾートホテルへの滞在プランや、八重山諸島の離島ツアーに人気が集中。国内旅行出発日のピークとなる1月4日(金)、1月5日(土)でも沖縄が1位となっています。

image by:Sean Pavone/Shutterstock.com

また予約率で大きく伸びた中国地方は、関西発の鳥取「カニ」づくしバスツアーが好調。約2.6倍もの伸び率を達成しています。さらに、初詣のための「バスツアー」も好調な予約数。「平成最後の伊勢神宮参り」というキーワードが輝くツアーを筆頭に、この年末年始で「バスツアー」人気が再熱の兆しとなっています。

個性的な旅行先が目立った海外旅行、癒しやグルメを求める人が多く見受けられる国内旅行。この結果を参考に、皆さんも駆け込み旅行企画を立ててみてはいかがでしょうか。

source:PR TIMES

image by:Guenter Albers/Shutterstock

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

ライター歴14年。美容師として働いていた時に出会った映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作に多大な影響を受けライターへと転身、多数の現場取材やインタビューを行う。海外プレミア/レッドカーペット・イベントへ足を運ぶことがライフワーク。

2018年もまもなく終了。年末年始の海外旅行先トレンドはどこ?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 海外 裏ピースは侮蔑の仕草……海外で日本人がしがちなNG行動 ★ 265
 その他のエリア こういうのでいいんだよ。年末年始は「ひとり」で楽しみたい人の行動 ★ 115
 台湾 台湾人に恋した日本の20代女子が、夜の台北でバカになれなかった話 ★ 44
 国内 1位は『アリー/ スター誕生』。12月公開映画の期待度ランキング ★ 15
  1位はなんと福井。いま気になる人気急上昇中の都道府県ランキング ★ 70