旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

神社の境内でライブも文化体験も。神田明神「EDOCCO」誕生

Haru
2019/01/24

御朱印集めから始まり、いまもなお人気が高い日本各地の神社・仏閣。秋葉原にある「神田神社」、通称「神田明神」も、多くの観光客が訪れる人気スポットです。

そんな神田明神が、2018年12月に文化交流館「EDOCCO」をオープンしました。神社が運営する文化交流館とは一体何を行うのか、気になる魅力をさっそくご紹介します。

日本の文化を伝える新しい施設「EDOCCO」

(C)川澄・小林研二写真事務所

神田明神が創建から1,300年を記念した事業の一環である「EDOCCO」は、伝統文化の継承、新しい文化の発信を志し、「伝統と革新」というコンセプトのもと2018年12月に開業しました。

敷地が境内と一体となっており、地下1階から地上4階までの多目的イベントホールになっています。地下1階は「EDOCCO STUDIO」というスペースがり、日本の文化の体験エンターテイメントパフォーマンスなどを楽しめ、アイドルなどのコンサートも開催される予定です。さらに着物のレンタルや購入、食事をしながらショーを見ることもできます。

また1階はショップやカフェ、おでん居酒屋の「EDOCCO CAFE」があり、美味しいコーヒーやお酒、熱々のおでんを楽しめ、御祈祷の受付も行っています。2階はライブやイベントなどを多様に使用できる「神田明神ホール」、3階には神田明神ホールのVIP席とラウンジが用意されています。

4階は外の屋上庭園と一体化したラウンジスペース「EDOCCO LOUNGE」で、主にVIPパーティーなどで使用される予定です。

施設内には著名アーティストの作品も飾られ、日本文化をアートでも体験することが可能です。

神社の境内の中に地下1階、地上4階の多目的ホールを作ったことは非常に斬新で、これからも多くの人達に愛されるイベントホールになること間違いなしですね。日本文化をより体験できるスポットとして、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

image by:IM_photo/Shutterstock.com


source:Digital PR Platform

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子

神社の境内でライブも文化体験も。神田明神「EDOCCO」誕生
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 国内 2019年、いいことありますように。「初詣」人気スポット10選 ★ 115
 福井 「晴明神社」は京都だけじゃない。北陸のレトロな港町・敦賀を行く ★ 14
 長崎 【世界遺産】朽ち果てた廃墟「軍艦島」は生きてる間に絶対見たい ★ 334
 京都 あえて中心地を離れる上級者の旅。自然豊かな京都「宇治」巡り ★ 128
 広島 コインを挟まないで。世界遺産「厳島神社」の大鳥居が倒壊危機! ★ 570