旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

画面越しに恋したフランス美女。バカになって手に入れた結婚の約束

赤池リカ
赤池リカ
2019/03/13

2020年に東京オリンピック・パラリンピックを控え、訪日外客数(インバウンド)が増え続けている日本。グローバル化が進んでいるなか国際結婚も珍しくなくなってきましたね。

厚生労働省が公開している人口動態統計の夫婦の国籍別にみた年次別婚姻件数(2017年)によると、夫婦の一方が外国籍だった件数は2017年時点で21,457件。夫婦とも日本国籍の方が585,409件ですので、約27件に1件は国際結婚しているということになります。

ちなみに都道府県別でみると夫婦どちらかが外国籍の件数が多いのは東京都となっていました。今回は交流サイトで出会ったフランス人女性に一目惚れし、国際結婚した日本人男性のリョウさん(仮名・30代)にお話を伺ってきました。

リョウさん(以下、リ):脱サラしてフランスに移住した30代のウェブデザイナー。移住して2年目だが、年1〜2回は日本に帰国している。

ライター赤池(以下、赤):結婚願望の強い20代。愛読書は林真理子著『野心のすすめ』。将来はドイツに移住したいと考えている。

映画『アメリ』でおなじみの「カフェ・デ・ドゥー・ムーラン」

フランス人の奥様と出会ったきっかけは外国人と出会える国際交流サイト。お互い共通の趣味だったアニメとコスプレで意気投合し、結婚。育った国も環境も違えど、日本流の告白でOKをもらった日本人男性の恋のお話をお届けします。

移住を決意したきっかけはフランス人の奥さんとの出会い

:リョウさんは現在フランスに移住して2年になると思うのですが、そもそもどうして移住を決意されたのですか?

:もともと「海外に住むぞ!」って意気込んでいたわけではなかったですね。でも今の奥さんと結婚してから移住を決意しました。

:海外へ移住するとなると、日本での仕事を辞めなきゃいけなかったのでは?


リ:そうですね。いまはフリーランスでウェブデザイナーをやっています。もともと新卒で入った会社でウェブデザイナーとして4年くらい働いてました。大きな会社で待遇もよかったし、働きやすかったのですが、なんだかマンネリというか。新しいことを始めたいなって思ってた時期でもありました。

:転職を考えていたということですか?

:転職というより、趣味を見つけようという方向に動いていましたね。その頃(2014年)は僕自身、趣味と言える趣味を持っていなかったので、休日はずっと家にいるような生活を続けていました。でもそんな生活にちょっと飽きがきまして。

:どんな趣味を見つけようと思ったのですか?

:身体を動かすことがあまり得意ではないので何かの勉強でもしようかなと。大学時代に外国人のお客さんがよく来る某コーヒーチェーン店でバイトをしていて、たまに英語で接客することがありました。でもその頃はただテンプレートにそって話すレベルの英語力。せっかくなら英語を話せるようになりたいと思い、英会話を学ぶことにしました。

:英会話教室に通ったりしたのですか?

:それが、英会話教室にも通ってみたんですけど全然続かなくって(笑)僕が通ったところが真面目すぎて楽しくないっていうか。

:英会話教室にも向き不向きがあるっていいますもんね。

:英会話教室はすぐに辞めちゃったんですけど、自分なりに考えた結果、外国人の友達を作ろうって思いました。友達との会話が英語だと身につきやすいはずだし、遊びながら楽しく学べそうだし。

:確かに日常的に会話している方がネイティブな英語が身につきそうですね。ところで外国人とはどうやって出会うのですか?

:僕はインターネット上の国際交流サイトを使って外国人と出会うことにしたんです。

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

画面越しに恋したフランス美女。バカになって手に入れた結婚の約束
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
Adobe(アドビ システムズ 株式会社) 詐欺なんて言わないで。旅行中の「失敗写真」を奇跡の1枚に直してみたぞ
 台湾 台湾人に恋した日本の20代女子が、夜の台北でバカになれなかった話 ★ 45
 韓国 韓国人を10年間愛した女子が、30歳目前でバカになれなかった話 ★ 92
 東京 クリスマスに元彼からの電話……渋谷の中心でカモられた聖なる夜 ★ 59