旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

2019年はどこが混む?外国人旅行者から見る、全国の「紅葉」混雑予想

寝子
寝子
2019/11/06

11月はアジア圏からの旅行者が多い?

image by:THONGCHAI.S / Shutterstock.com

たくさんの日本の人気観光地が名を連ねるなか、オンシーズンに合わせて紅葉名所を検索していることがわかります。ランキングを見比べてみると、インドネシア以外のすべての国と地域で紅葉名所がランクインしていることが判明しました。

なかでも台湾・香港・タイは、トップ10位の中に紅葉名所が5つ以上ランクインしており、とても関心が高いことが伺えます。この3つの国と地域は訪日リピーター層が多く、日本旅行の楽しみ方が多様化しつつあることが読み取れるでしょう。

紅葉名所として需要の高い観光地は「東福寺」「神宮外苑」

image by:photoAC

台湾・香港・タイの検索結果をみてみると、「東福寺」や「神宮外苑」「六義園」などが共通の検索ワードであることがわかりました。3つの観光地の特徴として、東京や京都など主要観光地に属しており、他の観光地からのアクセスがいいことが挙げられます。

以下は、紅葉についての検索数が多かった3つの国と地域を対象に、2017年1月から2019年8月までの検索内容を数値化したグラフ。台湾・香港・タイを対象に「東福寺」、台湾・香港を対象に「神宮外苑」と「六義園」についての検索数を割り出しています。

image by:PR TIMES
image by:PR TIMES

東福寺は世界最古にして最大の伽藍(がらん)を有する京都屈指の紅葉名所とされ、2019年の紅葉は11月下旬から12月上旬が見ごろです。グラフを見ると、「東福寺」や「神宮外苑」は11月に検索数のピークを迎えており、紅葉名所としての需要が高いことがわかります。

image by:PR TIMES

なお、六義園に関しては11月以外に3月にも検索数が上昇していることから、花見の名所としての需要もあることが伺えます。では、台湾・香港・タイからの検索数が多かった紅葉名所について紹介していきましょう。

アニメ・漫画・2.5次元・アイドルが趣味のライター寝子。ライター転身前はアパレル販売員やパタンナーアシスタントを経験。持ち前の探求心で旅行情報や国内外の幅広い話題を追求していきます。

2019年はどこが混む?外国人旅行者から見る、全国の「紅葉」混雑予想
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 手ぶらで行って着物でぶらり。浅草散歩を「旅」にする着付け体験