旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

秋なのにサクラ咲く。日帰りで楽しめる愛知「紅葉スポット」めぐり

寝子
寝子
2019/11/19

生産量日本一!秋ならではの「銀杏グルメ」を堪能

稲沢市祖父江町は、銀杏の生産量日本一を誇る「銀杏の町」です。東京の料亭にも出荷されるほどの、一流の特産品を生産しています。

そんな祖父江町では、銀杏拉麺や銀杏炒飯、懐石料理にスイーツと銀杏を使ったメニューのバリエーションも豊富。紅葉を楽しんだあとは、銀杏グルメを楽しんでみてはいかがでしょうか。

銀杏ラーメンを楽しめる中華料理店「北京」

銀杏拉麺850円image by:あいち女子旅PR事務局

北京」は、町の特産品である銀杏を使用したメニューの開発に力を入れている中華料理店。銀杏拉麺に銀杏炒飯のほか、生地や具に銀杏を混ぜ込んだぎんなん中華まんも楽しむことができます。

お得なコース料理が魅力「季節料理 しろ石」

image by:あいち女子旅PR事務局

旬の食材を楽しめる、「季節料理 しろ石」。冬季には、地元稲沢市特産の銀杏をふんだんに使用した銀杏懐石や、高級食材であるふぐのコースなどを召し上がることができます。

昼は1,500円〜、夜のコースは2,000円〜と、リーズナブルな価格設定も魅力のひとつ。魚すきやすき焼きなどの鍋料理も豊富なので、寒くなってきた今こそ楽しめるのではないでしょうか。

  • 季節料理 しろ石
  • 稲沢市祖父江町上牧東 69-3
  • 0587-97-8486
  • 名鉄尾西線「森上駅」から車で約6分
  • 定休日 月曜日・第3火曜日
  • 11:30〜14:00/17:00〜21:00
  • https://www.shiroishi.biz
  • 駐車場:有(30台)

秋らしいお土産もたくさん!「お菓子所 花乃屋」

image by:あいち女子旅PR事務局

紅葉狩りのお土産には、「花乃屋」のお菓子がおすすめ。生地に銀杏を練りこんだ「いちょう年輪」や「銀杏ういろ」のほか、「銀杏もなか」や「ぎんなんパイパイ」など、銀杏を使ったスイーツを豊富に取り揃えています。

銀杏は茶碗蒸しや塩炒りなどおかずとして食べるのが定番ですが、実は甘味との相性も抜群。銀杏が苦手なお子さまにも大好評のようです。旅の思い出を銀杏土産でおすそ分けするのもいいですね。

  • お菓子所 花乃屋
  • 稲沢市祖父江町祖父江高熊210
  • 0587-97-0297
  • 名鉄「山崎駅」「森上駅」からそれぞれ徒歩約25分
  • 定休日:木曜日
  • 8:00〜19:00
  • 駐車場:有(5台)

今回は、秋の紅葉をめぐる愛知県の観光スポットについて紹介しました。

都内から約3時間の日帰り旅は、東京では味わえないような一風変わった魅力が満載です。今年の秋は愛知で自然を感じながら、心も体もリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。


  • source:あいち女子旅PR事務局
  • image by:あいち女子旅PR事務局
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

アニメ・漫画・2.5次元・アイドルが趣味のライター寝子。ライター転身前はアパレル販売員やパタンナーアシスタントを経験。持ち前の探求心で旅行情報や国内外の幅広い話題を追求していきます。

秋なのにサクラ咲く。日帰りで楽しめる愛知「紅葉スポット」めぐり
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます