旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

人気選手が滑り初め!「木下アカデミー京都アイスアリーナ」がオープン

KYOTO SIDE
KYOTO SIDE
2019/12/25

グランプリファイナルが終了し、シーズン真っ只中の去る12月15日、京都府宇治市・山城総合運動公園(太陽が丘)の宇治側ゲート(北東側入口)向かい側に、京都唯一となる通年営業のアイススケートリンク「木下アカデミー京都アイスアリーナ」がオープンしました!前日に開催されたオープン記念イベントにお邪魔してきましたので、その様子とともに館内を徹底レポートします!!

京都府民待望の通年型アイススケートリンク誕生!

最高気温15度前後と、12月にしてはかなりポカポカ陽気が予想された12月14日。スケート関係者はもちろん、京都府民が待ちに待ったアイススケートリンクの完成を記念して竣工祝賀式が開催されました。宇治市にある山城総合運動公園(太陽が丘)の北東側。

看板を発見し、「あ!ここですね!」とカメラマンと車で到着するなり、専用駐車場に止まっている車の多さにビックリ!!合同取材とは聞いていたものの、想像を超える多さに注目の高さを実感しました。

広々とした駐車場に、「木下アカデミー京都アイスアリーナ」のロゴが描かれた立派な建物がドドーン!

竣工祝賀式は「おうじちゃま」がお出迎え♪

続々到着する来賓客や報道陣を、地元宇治市のご当地キャラクター・チャチャ王国のおうじちゃまが出迎えてくれます。

ガラス張りのエントランスを入り、プレス受付を済ませ、早速リンクへ向かいます。通路にはオープンを祝う花輪が並びお祝いムード満点!

何もかもが新しい!レンタルシューズも!

花輪の次に目に飛び込んできたのは、真新しいレンタルシューズ。サイズごとに陳列されています。

シューズの陳列棚のすぐ側に、ベンチとロッカーが設置されているので、履き替えもスムーズ。


小さめのサイズには憧れの白いシューズも!

そしてここで白いシューズを発見!レンタルシューズは黒が一般的なイメージなので、自分が履くわけでもないのに一気にテンションが上がりました(笑)。サイズが限られているようですが、嬉しくないですか〜? 白いスケートシューズって、フィギュアスケーターになった気分で、お姫様&王子様感があってステキですよね〜☆


いま読まれてます
KYOTO SIDE

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

人気選手が滑り初め!「木下アカデミー京都アイスアリーナ」がオープン
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます