旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ヤリたくなってもヤッちゃだめ!日本にはない海外の意外なルール

Array
2021/08/21

「競馬の日」/オーストラリア

image by:Neale Cousland/Shutterstock.com

オーストラリアにもユニークな休日があります。ずばり、「競馬の日」です。

競馬と聞くと日本では中高年の男性が押し寄せるギャンブルといった印象が強く、競馬新聞、耳に赤ペン、ワンカップの日本酒といったイメージが浮かぶのではないでしょうか。しかし、オーストラリアでの競馬のイメージは全く異なっています。

なかでもオーストラリア南部のメルボルンで行われる「メルボルンカップ」は、世界最大の競馬のひとつとして、オーストラリア人のほぼ全ての大人が注目するといっても言い過ぎではないほど、多くの人に関心がもたれているみたいですね。

オーストラリア政府観光局の担当者によれば、

「メルボルンカップは毎年11月の第1火曜日にメインレースが開催され、この日は(メルボルンのある)ビクトリア州が休日となります」

とのこと。しかも、ビクトリア州だけでなく、

「『Stop the nation(国を止めろ)』といわれるほど、他の州にいる国民も(当局のシドニースタッフ含め)仕事が手につきません(苦笑)」

との話です。国民と競馬の距離感がよく伝わってくるエピソードですよね。

image by:Kaspars Grinvalds/Shutterstock.com

他の都市にあるレストランやカフェも、「Melbourne Cup Lunch(メルボルンカップランチ)」や「Melbourne Cup Branch(メルボルンカップブランチ)」の予約を受け付けるそうで、友だちや仕事仲間が集まって飲み食いしながらレースを楽しむのだとか。


日本でいうと、ラグビーやサッカーのワールドカップのような盛り上がりに近いイメージでしょうか。

さらに、競馬が一種の社交場になっていて、朝日新聞社の&TRAVELによれば、最高クラスの観戦エリアは入場料が日本円にして10万円もするのだとか。

先ほどのオーストラリア政府観光局によれば、

「スパークリンスワインやシャンパンを片手に(競馬場は)社交場となります。男性はスーツ、女性はドレスアップして正装で競馬場に向かいます」

との話。競馬場以外でも、ランチやブランチを楽しむレストラン、カフェに皆でおしゃれをして集まるみたいですね。

image by:365 Focus Photography/Shutterstock.com

「メルボルンの女性たちはこの日に向けて華やかなヘッドアクセサリーを作ったり買ったりする人もいます。

ちなみに、このメインレース以外にも、別日にはキッズ向けイベントだったり、女性だけのランチ(オークス・クラブ・ランチ)ファッションショーなどのイベントも開催されています」

とも教えてくれました。ギャンブルというよりも、社交場として競馬場が機能している、ちょっとうらやましい世界だと思いました。

いま読まれてます
 石川 「木漏れ日」のなかで本を愛でる。美しい光が差し込む「金沢海みらい図書館」 ★ 199
 海外 なぜ、ナイアガラの滝はあんなに大きい?カナダに隠された4つの謎 ★ 29
 海外 まさかそんなことが…?カナダで日本人が感じたカルチャーショック ★ 122
 国内 同一の県で受賞ラッシュ。水が美味しい「水道王国」はどこ? ★ 196
 国内 奈良と鎌倉、もうひとつは?「日本三大仏」がある意外な県 ★ 807
ヤリたくなってもヤッちゃだめ!日本にはない海外の意外なルール
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます