旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

待ち切れない、夏。新型コロナ収束後、「沖縄」で絶対にしたいこと

Array
2020/07/18

12.三線の音色に癒される

image by:Shutterstock.com

夕暮れ時ともなれば、どこかしらから風に乗って聞こえてくるのが三線の音色。旅人にとっては、これぞ沖縄時間という瞬間です。

八重山の島々では集落を歩いているとごくごく当たり前に三線の音色を耳にします。宿では、夜ごはんを終え“ユンタク”の時間に三線を持ち出して唄ってくれる宿主さんもめずらしくありません。

image by:Sam DCruz/Shutterstock.com

三線は島人の日常と島の風景に溶け込み、なんとも優しく心地よい響きとして島のあちこちに響きます。

13.とにかく、とことんお気に入りビーチでのんびり

image by:小林繭

夏の沖縄の主役はいうまでもなくビーチです。シュノーケルやダイビングなどマリンスポーツで楽しむビーチの素晴らしさはもちろんですが、ただキラキラと輝く海を眺めてのんびり過ごす時間こそが沖縄時間の真髄。

image by:小林繭

リゾートのビーチや有名なビーチ以外にも、無数にビーチが点在するので、お気に入りのビーチを探してビーチホッピングもおすすめです。目もくらむような鮮やかなブルーに輝く離島のビーチを独り占めも、夢ではありません。

ただ、真夏の昼間は日差し強すぎるのでご注意を。早朝や夕方、そして夜のビーチも素敵なので、それぞれが思い思いのビーチ時間を楽しんでくれればと思います。

image by:小林繭

何もしなくても、ただビーチに佇んでいるだけで、透明に輝く水や波の音が心を洗濯してくれるというのも、沖縄の魔法のひとつです。

目に映るものすべてが原色の色彩にあふれた夏の沖縄。贅沢リゾート楽しむもよし、島人との交流を楽しむもよし、ダイナミックな自然を体験するのもよし。

ヴィヴィッドな色彩と自然のエネルギーに満ちあふれる沖縄の夏が、私たちを待っています!


  • image by:沖縄コンベンションビューロー
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

東京生まれ、湘南生息中のフリー編集ライター。沖縄、ハワイ、島、旅モノやロハスネタを発信中。All About沖縄ガイド。目下、踊れる編集ライター目指し趣味のフラメンコに取り組む日々。

WebSite

待ち切れない、夏。新型コロナ収束後、「沖縄」で絶対にしたいこと
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます