旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

外国人「ありえない」とショックを受けた、日本のスゴいホテル&旅館

Array
2021/12/08

レゾネイトクラブくじゅう/大分県竹田市

image by:Tripadvisor

大自然を満喫できるリゾートホテル「レゾネイトクラブくじゅう」をおすすめするのは、アメリカ出身・日本在住歴17年の男性です。

「とにかくロケーションが素晴らしい。大自然の山に囲まれ都会の喧騒を忘れられる場所でした。木のぬくもりの感じられる建物とインテリアで、高原の高級リゾート感があります」

同ホテルが建つのは標高865mの久住高原。阿蘇くじゅう国立公園の敷地内で大自然を満喫することができます。

image by:Tripadvisor

温泉は、大浴場の「紅殻之湯(べんがらの湯)」に、「ふたつぼし」「つづみほし」「ひしぼし」「ざくろぼし」と、4つの貸切露天風呂を完備。自然のなかでゆったりと寛ぎのひとときを過ごしましょう。

「星空を眺めながら、家族でゆっくり露天風呂を満喫することができました。寒い時期だったのですが、温泉に入った後は体がポカポカで、外を歩いても全く平気なくらい温まりました。最高のリラックスですね」

食事は、豊後地方や近海でとれる滋味たっぷりの特別メニュー。レストラン「メテオ」では、地元で獲れた食材をふんだんに使用したコース料理を提供しています。

「夕食のコースはクオリティーが高くてとても美味しかったです。フロアにグランドピアノがあって、プロの生演奏が聴けたのが印象的。その時間は私たちしかお客さんがいなかったのですが、わざわざ暖炉に薪を焚いてくれて素晴らしい雰囲気を作り出してくれたのも思い出に残っています」

image by:Tripadvisor

「朝食はビュッフェスタイルだったのですが、提供されている生野菜の新鮮さに驚きました。とにかくシャキシャキしていて、普段食べている野菜とは大違い。獲れたての野菜ってとても美味しいんですね」

また、宿泊しながら山歩きにゴルフ、乗馬、スキー・スノーボードに星空観察といった、この土地ならではのアクティビティを楽しめるのも魅力。ぜひこの機会に、素敵な思い出を更新してみてはいかがでしょうか。


  • レゾネイトクラブくじゅう
  • 大分県竹田市久住町大字有氏1773
  • 0974-76-1223
  • JR豊肥本線 豊後竹田駅よりタクシーで約30分
  • http://www.resonate.co.jp

オクマ プライベートビーチ&リゾート/沖縄県国頭郡

image by:Tripadvisor

イングランド出身、日本在住歴6年目となる男性がおすすめしてくれたのは、沖縄のリゾートホテル「オクマ プライベートビーチ&リゾート」です。

「プライベートビーチという名前がつくだけあって、ビーチが本当に綺麗。人も少なくて、こんな素敵なビーチが日本にあるんだと感動しました。那覇空港から車で約1時間40分ほどと運転はなかなか大変だったけど、向かっている途中も綺麗な景色がたくさん見られたので飽きなかったです」

ホテルの目の前にある「オクマビーチ」は、およそ1km続く白砂の天然ビーチ。東シナ海に沈む雄大なサンセットを一望できる贅沢なロケーションです。

image by:Tripadvisor

約10万平米の広大な敷地内には、ピンク色に塗られたコテージが点在。戸建てタイプもあるので、ご家族でゆったりプライベートな時間を過ごすことができます。

「庭の管理が行き届いていて、綺麗な芝生や草木が広がっていたのが印象的。従業員の方たちもみな丁寧だし、笑顔で接してくれて大変よい印象を受けました。部屋までカートで送迎してくれるのもおもしろかったです」

敷地内には4種のプライベートプールもあるので、海デビューはまだ早い小さなお子様連れでも安心。

「初日は海に出て船釣りをしたりバナナボートに乗ったり、アクティブに楽しみました。海に飽きたころにプールでのんびりするのが最高でした」

image by:Tripadvisor

「朝食のビュッフェが美味しくて食べすぎちゃったよ。夕食は鉄板焼きにして、高級な佐賀県産の黒毛和牛とか地元県産のあぐー豚とかを食べました。焼き立てのお肉はジューシーでとても美味しかったです」

  • オクマ プライベートビーチ&リゾート
  • 沖縄県国頭郡国頭村字奥間913
  • 0980-41-2222
  • 那覇空港から車で沖縄自動車道・名護東道路利用で約100分
  • https://okumaresort.com
  • 1日1便無料シャトルバス運行中※前日までに要予約

いま読まれてます
外国人「ありえない」とショックを受けた、日本のスゴいホテル&旅館
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます