旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ちょっとムリかも…外国人が衝撃受けた日本のグルメetc【月間人気記事ランキング】

2020年から2021年へ。年をまたいでもコロナ禍ということもあり、年末年始はゆっくりおうちで過ごしたというかたが多いかと思います。

ちなみに筆者は行きたかった旅行も立て続けにキャンセルし、おうちでゴロゴロする時間を過ごしました。食べて寝てゲームして…を繰り返していたせいか、お正月太りに悩む今日この頃です。

さて今回は、TRiP EDiTORのアクセスデータ(2020/12/1〜12/31)をもとに、12月の月間人気記事をを10位から1位まで順にご紹介します。

あまり聞く機会のない外国人が考える日本文化や気軽に語ることのできない恋愛事情など、読んでびっくりなお話がそろっていますよ。

一部地域では緊急事態宣言も始まり、おうち時間が増えたかと思います。ぜひステイホーム中のお供として、読んでみてくださいね。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

2020年12月「月間」人気記事ランキング

第10位 日本は外国から見て、物価は高い?生活しやすいの?

image by:Shutterstock.com

日本に暮らす外国人は、1975年からの45年で右肩上がりに増えています。実際に、みなさんの身近なところで外国人がいたり、見かけたりする機会があるのではないでしょうか。

しかし、なかには将来的に日本に住みたいと考えてはいるものの、まだまだ不安が拭えない人も少なくないようです。

今回は、身近な友人や知人だけでなく、2019年にスタートした新しいGoogleのサービス「People also ask(他のユーザーも行った質問)」を使用して、移住を考えている外国人の日本に対する素朴な疑問などのリアルな声を調べてみました。

第9位 『鬼滅の刃』を海外で実写化するなら、炭治郎は一体だれ?

image by:image_vulture/Shutterstock

ついに『鬼滅の刃』の最終巻である23巻が2020年12月4日に発売され、主人公の竈門炭治郎(かまど・たんじろう)をはじめとした鬼殺隊と鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)の戦いに幕が下ろされました。


約4年間にわたり「週刊少年ジャンプ」で繰り広げられた人間と鬼との戦いは、子どもだけでなく大人も、そして国を超えて外国人までもが心奪われた作品となりましたね。

そこで今回は、実際に外国人のかたに『鬼滅の刃』についてインタビューを実施。「ハマったきっかけ」や「ハリウッドで実写化するときの適役」、そして「鬼滅の次に流行る日本アニメ」などについてさまざまな意見を聞いてみました。

第8位 冬だからこそ食べたい絶品「アイス」ランキング

image by:PR TIMES

1年のなかでもっとも「アイス」が食べたくなる季節は?暑い夏に食べるのもいいですが、寒い冬に温かい部屋のなかで無性に食べたくなる時もありますよね。

コタツのなかで食べる冷たいアイスもまた格別…。なかには冬に食べるアイスの方が好きというかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

今回、みんなのちょっと気になるを調べたランキングサイト「ランキングー!」が、「冬に食べたいアイスランキング」を発表しました。定番商品から冬ならではの商品まで、さっそく人気アイスランキングをご紹介していきます。

第7位 意外と「奥手男子」、ポイントが高いのです…!

image by:Unsplash

性格がおだやかで協調性のあるタイプを意味する「草食系男子」という言葉が一時話題になって以来、さまざまな恋愛傾向の造語が誕生しています。

そのなかでもよく聞くのは「奥手男子」。恋愛や異性関係に対してあまり執着のない「草食系男子」とは違い、恋愛経験の少なさからか恋に消極的な男子を指すネーミングなのだとか。

そこで今回は、株式会社コミットグロースが全国の30代女性1,169人を対象に「奥手男子」に関する調査を行いました。奥手な男子はどのような存在なのか、女性たちのリアルな声を早速チェックしてみましょう。

いま読まれてます
ちょっとムリかも…外国人が衝撃受けた日本のグルメetc【月間人気記事ランキング】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます