旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ヤッちゃいそう…日本では当たり前だけど海外ではNGなこと

Array
2021/12/01

靴/オランダ語

image by:Shutterstock.com

次はオランダ語です。オランダ語は英語に近い言葉なので、オランダではバイリンガルが普通です。そのため街中ではオランダ語も英語も自由自在に飛び交っています。

それでもオランダ語はオランダ人にとっての母国語です。オランダ語に近い響きを耳にすれば、きっと反射的にオランダ語としてオランダの人は理解するはず。

例えば日本語には「」という言葉があります。旅行中にも何度も口にしそうな言葉ですよね。「靴ずれした」とか「靴を買った」とか。旅行で「靴」は頻出のキーワードです。

しかしオランダで日本語の「靴」は要注意です。その理由はオランダ語でちょっと特別な響きを持ってしまうからですね。

image by:Shutterstock.com

日本語の靴はオランダ語で「Kut」になります。オランダ語〜英語の辞書で「Kut」を調べると「pussy」「vagina」「vulva」などの意味が出てきます。難しい言葉ですが、いずれも女性器を意味する言葉です。

さすがに英語が苦手な人でも、海外のお店で靴を買う場合、「shoes」と口にするはずです。しかし一緒に入店した日本人同士で会話する際には平気で「靴」と口にしてしまうことがあるかもしれません。

そのたびに相手には全く異なる意味で伝わっている可能性が、オランダでは極めて高いと事前に知っておきたいですね。

いま読まれてます
 国内 「お化け屋敷」は夏だけなのか?海外と日本で違うホラー業界のナゾ ★ 130
 シンガポール 「グッバイ」だけじゃない。仕事でも使える英会話フレーズvol.46 ★ 24
 その他のエリア 「デートしない」がモテる?外国人が驚いた日本と違う恋愛ルール ★ 141
 アジア 「どこか遠くへ」欲を満たすなら。日本人が少ないアジア穴場リゾート5選 ★ 123
 全国 「まち」を編みなおす。地域にデザインの視点を取り入れた20の事例 ★ 92
ヤッちゃいそう…日本では当たり前だけど海外ではNGなこと
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます