ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

パン屋はたった1軒。九州最大のパンイベントを行う川崎町の移住計画

地域移住計画
地域移住計画
2016/01/26

田舎暮らしや地域移住情報を発信するJOIN主催のイベント「JOIN 移住・交流地域おこしフェア」が今年も開催されました。移住や地域おこし協力隊に興味のある約8300人もの方々が全国のブースを訪れ、それぞれの地域での暮らし方や働き方について相談会などが行われました。「地域移住計画」ではイベントの様子とともに、なぜか「パン」がぶら下がっている福岡県川崎町のブースに注目しています。

日本最大規模の移住イベントへ行ってきた

1月17日(日)に開催された、移住業界で国内最大規模のイベント「JOIN 移住・交流地域おこしフェア」に行ってまいりました!

パン 屋はたった1軒。九州最大のパンイベントを行う 川崎町 の 移住 計画

過去最多数の地方団体が出展しているとだけあって、来場者の数もすごかったです。

来場者の皆様は、それぞれ興味のある団体のブースに立ち寄り、相談員さんから直接地域の情報を得たり、移住に向けての相談にのってもらうことができます。皆さんとても真剣な表情で、話を聞いていらっしゃるのが印象的でした。

パン 屋はたった1軒。九州最大のパンイベントを行う 川崎町 の 移住 計画
多くの来場者で盛り上がる会場

私も、色んな地域の担当者の方の話を聞きながら、会場内を回っていたのですが、ひとつ気になる「地域おこし協力隊募集ブース」を見つけました。

ブースに「パン」が飾ってある。

パン 屋はたった1軒。九州最大のパンイベントを行う 川崎町 の 移住 計画

パン 屋はたった1軒。九州最大のパンイベントを行う 川崎町 の 移住 計画

なぜパン?

来場者の方も、前を通り過ぎると思わず2度見。

ブースで相談をしている来場者の方は、パンに蜂蜜などをかけて試食している。

パン屋の地域おこし協力隊を募集しているのかな?

次ページ:町にパン屋が1軒しかないのに…

地域移住計画

Iターン・Uターン・移住で見つける「私らしさ」発見マガジン

パン屋はたった1軒。九州最大のパンイベントを行う川崎町の移住計画
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 福岡 仕事場にニャンコ!福岡市にネコ付きシェアオフィスがオープン ★ 58
 全国 農業や観光の未来を変える「地熱発電」が、地方産業に与える大きな期待 ★ 57
 全国 いつか…を今に変えるのは「所有」ではなく「シェア」する田舎暮らし ★ 79
 九州 PR動画で地方は変わるのか。宮崎県小林市の制作担当者に直撃してみた ★ 345
 和歌山 「移住計画」の発起人が大切にする、住んでる僕がまちを好きになること ★ 43
 鹿児島 「ぶり奨学金」でお父さんも幸せ。日本一若い副町長の長島町改革 ★ 216