旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

温泉のプロが分析した、「うつ病」に効果のありそうな泉質

飯塚玲児
飯塚玲児
2017/10/13

現代人なら誰がなってもおかしくないと言われる「うつ病」。しかし、その病気のメカニズムについてはまだ解明されていない部分が多くあります。

メルマガ『『温泉失格』著者がホンネを明かす~飯塚玲児の“一湯”両断!』の著者で、自身も長年うつ病に悩まされてきた元『旅行読売』編集長の飯塚さんが、以前MAG2 NEWSに掲載した記事を取り上げ、温泉が「うつ病に効く」可能性などを考察しています。

遺伝する?うつ病に効く温泉とは

今日の朝送られてきたMAG2 NEWSのメルマガに、こんな記事が載っていた。

● 「うつ病は遺伝する」は本当か? 45万人を調べた最新結果が衝撃

記事内容によれば、欧米系の45万人を対象に調べた結果、17種類の遺伝的変異が発見されたということである。 もともとアジア系では遺伝的要因があるとされていたこの病だが、これで基本的に”遺伝する病だということがはっきりしたことになる。

ところで、温泉の適応症は平成26年7月1日付けで新しいものに変わった。

これは過去のメルマガでも書いてきた通りである。 そして、その変更点で大きなものとして、「一般的適応症」(すべての泉質に共通する適応症)に、「自律神経不安定症ストレスによる諸症状睡眠障害うつ状態など>」が加わったということがある。

これは要するに、温泉に入浴することで「うつ病の改善が期待できる」ということである。 さらに「泉質別適応症」で見ると、単準温泉にはこの適応症が新しく泉質別のものとして加わった(それまでは泉質別適応症がなかった)。

ほかにも、「塩化物泉」「硫酸塩泉」には「うつ状態」が、「二酸化炭素泉」には「自律神経不安定症」が加わった。


こうして考えて行くと、一番うつに効果がありそうな泉質(医学的な根拠はないけれど)は、単純に考えると以下の泉質ではないか、という気がする。

含二酸化炭素ーナトリウム・カルシウムー塩化物・硫酸塩泉

真ん中の「ナトリウム・カルシウム」は便宜的に入れてあるだけであって、べつに「マグネシウム」でも、なんでもいいと思う。

【著者プロフィール】飯塚玲児/愛知県生まれ。紀行作家、郷土料理写真家。編集部記者として月刊誌の編集に携わりながら全国各地を取材。『クチコミおでかけ旅情報』編集長、創刊50年を誇る現役最古の旅行雑誌『月刊旅行読売』の編集長を歴任したのちに退職、独立。これまで編集した雑誌や情報誌は数100冊、過去に泊まった宿は800軒余、入浴した温泉は3000湯を超える。現在、週刊メルマガ「飯塚玲児の“一湯”両断!」と、記事単位で人気作家の記事が読める「mine」にも掲載。公式ブログ

温泉のプロが分析した、「うつ病」に効果のありそうな泉質
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 東京 知られざる東京の孤島「青ヶ島」にある、秘境感あふれる天然サウナ ★ 313
 全国 年間227億円も。温泉宿で強制的に取られる「入湯税」とは? ★ 554
 滋賀 酒好きにはたまらない臭さ。魔性の味覚と呼ばれる滋賀の名物『鮒鮓』 ★ 122
 滋賀 琵琶湖の湖畔で食べた、忘れられない絶品料理「鮒の子まぶし」 ★ 63
 山梨 これが先人の知恵。甲州名物「ほうとう」は2度美味しい ★ 59
 静岡 グツグツ煮込んで磯の香り。南伊豆の伝統鍋料理「いけんだ煮味噌」 ★ 122