旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

もう既にあった。埼玉飯能市に存在する、もう一つの「ムーミン谷」

梅原 慎治
梅原 慎治
2018/09/01

「ギャラリーカフェ」は、2018年6月に公園内にオープンしたカフェです。カフェの名前は、「Café PUISTO(カフェプイスト)」と言い、木を基調としたオシャレな雰囲気で、梁や家具などは、フィンランドから取り寄せたものを使用しているようでした。1階はテーブル席、2階はカウンター席となっています。軽食的なメニューがそろっていましたが、暑い季節には、スムージーなどがおススメのようです。

カフェプイスト。新しい建物ですが、ほかの建物とのバランスが良い外観ですね。
古い材木と、新しい材木をうまく組み合わせてますね。古い材木は、フィンランドから取り寄せたものでしょうか?
アイスティー。ミルクやガムシロップの入れ物がオシャレです。
テーブル席は、すべてこの椅子です。広々していてゆったり過ごせますね。
2階のカウンター席。曲線が柔らかな雰囲気を醸し出してますね。

これからますます盛り上がりそうな飯能市のムーミン谷、テーマパーク開園前に、その雰囲気を味わってみるのも良いのではないでしょうか。

木の上の秘密基地も見つけました。登るよりも降りる方が怖かったです。
観光地情報
  • トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園
  • 〒357-0046 埼玉県飯能市大字阿須893番地の1
  • 042-972-7711
  • 元加治駅/飯能/東飯能
  • 入園:無料
  • 休園日:月曜日(※月曜が祝日の場合、その翌平日)
  • 9:00〜17:00(※季節によって、開園時間は変更)
  • https://www.city.hanno.lg.jp/akebono
観光地情報

 

 

梅原 慎治

埼玉県生まれ、都内在住のツーリングライター。主に関東近郊を走り周り、美味しい物や良い景色などを見つけて楽しんでいる。趣味としてフルコンタクト系の空手も嗜んでいる。

もう既にあった。埼玉飯能市に存在する、もう一つの「ムーミン谷」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 沖縄 神が降臨した島。沖縄うるま市の離島「浜比嘉島」に旅人が惹かれるワケ ★ 169
 その他のエリア 地元では有名だけど、全国的には知名度低い「お土産」ランキング ★ 232
 全国 峠には歴史があるんだ。全国2954の峠を巡った研究家による完全ガイド本 ★ 218
 埼玉 30秒ですぐ絶景。埼玉の秘境「三波渓谷」で出会った神秘的な景色 ★ 122
 全国 30年間誕生日を間違えられていた…埼玉・茨城・大分の県民の日雑学 ★ 52