旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

まるでミリタリーなテーマパーク。横田基地「日米友好祭2018」

いしかわこうき
いしかわこうき
2018/10/22

普段はなかなか入ることのできない日本の米軍基地。なにせ軍事用の基地ですから、街のゲームセンターのように気軽に入れるわけではありません。が、その囲いの中奥深くに年に1度だけ入ることができる機会があります。それが「日米友好祭」です。

日本各地に点在する米軍基地では、それぞれが所在する地元の方々に向けた「友好祭」が独自に行われています。その最大規模とも言えるのが東京の西部にある横田基地で催される「横田基地日米友好祭」です。多い年には2日間で20万人もの人が来場するそうですが、どうしてそんなに多くの人が毎年訪れているのでしょうか? その謎を探るべく、9月に開催された横田基地の日米友好祭に潜入してきましたので紹介していきたいと思います!

2日間で14万人が訪れた「横田基地日米友好祭」

2018年の今年は9月15日と16日に行われ、初日は雨に見舞われたものの、それでも合計14万人もの来場者が横田基地に集まったそうです。

横田基地の広大な敷地には、いくつもの入場用ゲートがあるのですが、友好祭で使用されるのは基地東部の、第5ゲートと言われる入場口。公式な駐車場等は用意されていないので、基本的には最寄りとなるJR青梅線・牛浜駅から10分ほど歩いて現地へと行くことになります。

入場は無料。ただし、16歳以上の方は国籍が確認できる写真付き身分証明書が必要です。また、17歳以下の子どもだけで入ることもできないことになっています(18歳以上の引率者がいればOK)。筆者も運転免許証を提示し、入場の際には手荷物検査と金属探知機による検査を受けました。ゲートの先はアメリカ。ここは国境だと思ったら検査も当然ですよね。それにしても、すごい行列でした。

いしかわこうき

サッカー、テニス、MLBなど、スポーツ専門誌の編集者を経て独立。主にスポーツや健康といった分野が主戦場の編集&ライター。とはいえお引き受けした仕事のジャンルははかりしれず、最近はマネー分野に進出中。

まるでミリタリーなテーマパーク。横田基地「日米友好祭2018」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 富山 ダム湖から復活した、船でしか行けない秘湯「大牧温泉」 ★ 564
 埼玉 復興の象徴「ブルーインパルス」が空駆ける特別な一日 ★ 34
 富山 冷やし中華もイノシシも挟む。個性派コンビニ「立山サンダーバード」の魅力 ★ 69
 千葉 まるでドムが覗いているような、千葉の軍事遺跡「掩体壕」の正体 ★ 189
 国内 秋の絶景を車窓から。紅葉に出会えるローカル列車の旅 ★ 705
 海外 機内食の人気第1位は「ビーフ」、チキンやスペシャルミールも ★ 129