旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

理想の国はヨーロッパ、現実はアジア。around20女性の海外旅行の実態

TRiP EDiTOR ニュース
2018/11/30

友人とアクティブに遊べ、時間的余裕も多い20歳前後という年齢。この時を指す「around20」の女性たちは、どのような海外旅行を体験し、どのような海外旅行を望んでいるのでしょうか。

この度、around20の女性たちの海外旅行に対する意識を「SHIBUYA109 lab.」が調査しました。結果には理想と現実の差がクッキリ。さっそく見てみましょう。

旅行予算は「10万円以内」が約70%

around20女子たちが1回の海外旅行予算として考える金額は「10万円未満」が約70%でトップになりました。学生も多い20歳前後という年齢でもアルバイトなどで貯められる現実的な金額であり、使っても後に響かない予算だといえます。

また旅行で重視するのは「本場感」と「非日常感」。約半数がツアーに頼らず、好きな旅程をゼロから立てています。情報収集にはInstagramなどのSNSを駆使し、レジャーの予算を優先。宿泊や移動手段の出費は限りなく低くする傾向にあります。

image by:I Wei Huang/Shutterstock.com

お金の使い方にメリハリをつけ、10万円以下で「最高の体験と食事」を計画する手腕は見事なものですね。そして写真は絶対にSNSにアップし、友達と「旅行専用アカウント」を作る上級者もいるようです。さらには好きな曲と思い出写真でショートムービーを作ったりすることもあるそう。

誰もがSNSを活用するのが常識のレベルとなっている年代でもあることから、工夫が感じられる思い出の保存・発信方法が追求されています。

行きたい国の理想はヨーロッパ…でも現実はアジアがNo.1

いつか行ってみたい国」として人気を集めたのは、やはりヨーロッパやアメリカなど世界でもトレンド最先端を行く国です。しかし「海外旅行で訪れた国」として実際に挙げられているのは韓国がNo.1になりました。

image by:Travel man/Shutterstock.com

日本でも人気のK-POPや韓国ファッションをはじめとする流行の地であることはもちろん、やはり「低予算で行ける」ということが一番のポイントになるようですね。海外旅行への理想と現実が垣間見える結果といえるのではないでしょうか。

ここでも5~6時間で行けるアジア圏ではLCCを活用し、現地でも移動費用の節約を心がけているなど、交通費を節約する傾向が強くなっています。

around20女子たちは、好きなこと興味のあること時間とお金を投資し、それ以外はとにかく「節約」。旅行でも「自分が行きたい・体験したい・欲しいものが優先」という意識が強く、移動手段や宿泊先は価格の安さやアクセスのしやすさを重視しています。

インターネットがあることが当たり前のaround20女子たちは、自ら動いて情報を入手し、独自の旅行を作り上げていくことにとても慣れている模様。新しい旅行のスタイルトレンドが、彼女たちから生まれていくかもしれませんね。

source:PR TIMES

image by:PR Image Factory/Shutterstock.com

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅行に関するトレンドニュースをお届けします。

理想の国はヨーロッパ、現実はアジア。around20女性の海外旅行の実態
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 その他のエリア 日本に来た外国人がリアルに買っていく「意外なお土産」【2018年版】 ★ 1178
 台湾 台湾人に恋した日本の20代女子が、夜の台北でバカになれなかった話 ★ 43
 その他のエリア いま話題の「宇宙旅行」、実際に行けるとしたら皆どうする? ★ 34
 海外 そういえば台湾に行きたかった【エキゾチックグルメ編】 ★ 42
 アジア たった1日で免許が。ラオスで「ゾウ使い」の資格にチャレンジ ★ 97