旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

節分のこと説明できる? 外国人にも教えたいニッポンの「豆」知識

坂本 正敬
坂本 正敬
2019/02/02

ただの飾りじゃない。「しゃちほこ」が屋根の上にいる理由とは?

名古屋城 image by: Shutterstock.com

名古屋城の天守閣木造復元がたびたび話題になっていますよね。名古屋城と言えば金のしゃちほこ

もちろんしゃちほこは名古屋城以外にも存在していますが、どうして屋根の上にあのような生き物がいるのでしょうか?

『広辞苑』(岩波書店)でしゃちほこを調べると、

<棟飾りの一つ。頭は竜のようで、背に鋭いとげのある海魚の形をなし、大棟の両端につける。城郭建築に多く、鴟尾(しび)の変形をいう>(広辞苑より引用)

とあります。要するに屋根の飾りなのですね。

姫路城のしゃちほこ image by: Shutterstock.com

鴟尾とは聞きなれない言葉ですが、平井聖『屋根の歴史』(東洋経済新報社)によると屋根の最も高い水平部分である大棟の両端に取り付ける装飾だと言います。

一般の歴史ある家屋では、同様の場所に鬼瓦がついているケースも多いですよね。この鴟尾がしゃちほこに発展していったのですね。

鬼瓦 image by: Shutterstock.com

屋根は両側の下から順番にふいていくと、自然と頂上の部分にすき間ができます。そのすき間を埋めるために、のしがわらを積み上げた棟が開発され、棟の両端にブーツを逆さにしたような鴟尾を置きました。

この鴟尾が、水を連想させ防火をも意味するしゃちほこに後に取って代わられたという経緯があるのだとか。

岐阜城 image by: Shutterstock.com

しゃちほこを説明するときに使える英文

Shachihoko, a ridge ornament shaped like a fish, can be reminiscent of water and has the meaning of preventing fire.


訳:魚ような形をしたシャチホコは水を連想させ、火事を防ぐ意味があります。

以上、様々な日本の文化に関する素朴な疑問とその回答をご紹介してきましたが、いかがでしたか?意外と当たり前すぎて日本人でも答えられない疑問もあったのではないでしょうか。

今後はさらに外国人観光客の数が増えていくと見込まれています。もしかしたら街ゆく外国人に「これってどうして?」と聞かれることがあるかもしれません。いつ誰に聞かれてもうろたえずに済むようにしておきたいですね。

image by: MyPixelDiaries / Shutterstock.com

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

翻訳家/ライター。1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。国内外の紙媒体、WEB媒体に日本語と英語で執筆する。 主な訳書に『クールジャパン一般常識』(クールジャパン講師会)。

節分のこと説明できる? 外国人にも教えたいニッポンの「豆」知識
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 国内 「ひとり温泉」が流行中?温泉に対する意識調査、意外な結果が見えてきた ★ 141
 京都 「下らない」と「下りもの」の語源に隠された、京都と江戸の上下関係 ★ 26
 岐阜 「子どもと学ぶ」をきっかけに人が動けば、まちの知は地域の外へ広がる ★ 61
 福井 「水ようかん」は冬の名物?福井の不思議なスイーツの常識 ★ 42
 京都 「華やかな北山」と「わび・さびの東山」。京都が見せる意外なふたつの顔 ★ 63