旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

走ってめぐる、京都駅〜清水寺。古都・京都の朝はこんなに美しい

“走る”フリーライター・三河賢文
“走る”フリーライター・三河賢文
2019/02/15

数多くある京都の観光名所の中でも、やはり外せないのが清水寺。通常のアクセス手段はバスやタクシー、もしくは電車利用で清水五条駅から歩くという方が多いでしょう。

しかし“走って”向かえば、途中にある観光名所や街並みを楽しめ、さらに京都を満喫できるはずです。

京都駅から清水寺までは約3.5km。走ると言っても、そこまで遠いわけではありません。よほど急いでいない限り、交通機関でサッと行ってしまうのはもったいない!

そこで今回は、実際に京都駅から清水寺へ走って旅を楽しむ旅ラン」をしてみました。

京都タワー横を通って東本願寺へ

京都は道が碁盤の目状になっています。同じ清水寺という目的地でも、通る道を変えればまったく違うルートが完成。目にする光景も当然ながら異なります。

そのため今回ご紹介するルートは、ひとつの参考としてご覧ください。

例えば市街地にもお寺などが数多く点在しているのも、京都ならではの特徴です。こうしたお寺を繋ぎながら、清水寺まで行ってみるなんていうのもいいですね。


スタートは京都駅。駅構内にはコインロッカーたくさんあるので、観光や出張で荷物が多くても安心です。私も少しのお金だけを持ち、身軽に走ってきました。


まず駅を出て目にするのが「京都タワー」です。駅前にあり、まさに京都のシンボル的な存在です。時間のある方は、展望台からの景色を楽しむのも良いですね。



京都タワーの横を真っ直ぐに進むと、程なくして「東本願寺」が現れます。ちなみに西本願寺は1km未満の距離にあるので、遠回りして両方を見て回るのもおすすめです。

渉成園で美しい庭園を楽しむ

そのまま東本願寺前を直進して五条通に向かっても良いですが、せっかくなので「渉成園」を経由してみました。

東本願寺の真宗本廟御影堂門を背に信号を渡り、真っ直ぐに小道を進みます。門の前に看板があるので、迷ったときは周囲を探してみてください。

春にはが咲き誇り、庭園内の池には周囲の景色が反射して見えます。また、傍花閣などの建造物も一見の価値ありです。

ただ散歩するだけで、時間の流れが緩やかになるかのようです。走って往復するなら帰りに立ち寄って、散歩しながらクールダウンするのもいいですね。

周囲にはマンションなどもあり、水面にその姿が映し出されていました。庭園の歴史情緒あふれる雰囲気近代的な建物とが組み合わさり、その光景は、まさに古都・京都を表しているかのようです。

三男一女の大家族フリーランス。中学〜大学まで陸上競技部に所属(中・高:中・長距離、大学:十種競技)。引退後はコーチとして活動。7年のブランクを経て2011年7月からランニングをスタートし、現在はトライアスロンやウルトラマラソンにも挑戦しています。

走ってめぐる、京都駅〜清水寺。古都・京都の朝はこんなに美しい
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
Adobe(アドビ システムズ 株式会社) 詐欺なんて言わないで。旅行中の「失敗写真」を奇跡の1枚に直してみたぞ
 香川 どこもかしこも鬼だらけ。走って巡る、リアル鬼ヶ島「女木島」 ★ 87
 宮城 マラソン×ピクニックで、東日本大震災・被災地の“いま”を巡る ★ 48
 香川 猫と芸術と歴史の離島。走って巡る香川「男木島」 ★ 56