旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

これぞオトナ浪漫の旅。童心くすぐる憧れの豪華列車をめぐる

TRiP EDiTOR ニュース
2019/10/02

ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス/ヨーロッパ

image by:Roberto Sorin / Shutterstock.com

ヨーロッパの優雅な社交界を彷彿させるきらびやかな豪華列車「ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス」。

1982年5月に ロンドン~パリ~ベニス間を走る列車として誕生。現在は、イタリアのベニス~フィレンツェ~ローマ間、さらに ウィーンやブダペスト行きも運行しています。

image by:Pres Panayotov / Shutterstock.com

レストラン・カーが3両用意されており、美食の数々にも舌鼓。 ディナータイムには、ドレスアップをしてパートナーとの贅沢な時間を堪能できます。料金は約30万円〜(2名1室)。

ベルモンド・ロイヤル・スコッツマン/イギリス

image by:ベルモンド・ロイヤル・スコッツマン

スコットランドの伝統と気品を兼ね備えた豪華列車「ベルモンド・ロイヤル・スコッツマン」。 最大乗客数は36名という贅沢で和やかな雰囲気のなか、快適な旅を楽しめます。

訪れる先々でのアクティビティーも充実。また列車内では、旅をともにする仲間で優雅にアフタヌーンティーが楽しめます。

image by:ベルモンド・ロイヤル・スコッツマン

夜は、スコットランドの食材をふんだんに使ったボリュームたっぷりのディナーを堪能。

設定コースのほとんどがエディンバラのウェーバリー駅から出発し、雄大な自然と峡谷を抜けながらスコットランドとハイランド地方をめぐります。料金は約36万円〜。

セトル・カーライル鉄道/イギリス

image by:ATGImages / Shutterstock.com

イギリス北部にあるカーライルとリーズを結ぶ「セトル・カーライル鉄道」。イギリスでもっとも美しい車窓風景を楽しめるといわれ、地元の鉄道愛好家にもとても人気があります

車窓からは羊が群れる緑豊かな草原地帯や、どこまでも続く荒野が。


image by:Shutterstock.com

清潔で快適な車内で心地のよいシートに座りながら、美しいイギリスの田舎風景を堪能できます。料金は、カーライル~リーズ間で約3,000円と比較的リーズナブル。


氷河急行/スイス

image by:Boris-B / Shutterstock.com

スイスを代表する山岳鉄道の「氷河急行」。ツェルマット〜サンモリッツ間のスイス横断ルートを約7〜8時間かけて運行します。

最高到達地点はオーバーアルプ峠の2,033m。車窓からはアルプスの名峰をはじめ美しい牧草地、渓谷などの流れゆく景色を堪能できます。

image by:Shutterstock.com

車内では日本語を含む6ヶ国語での案内放送をイヤホンで聞くことが可能。座席まで、できたての食事を運んでくれるなどサービスもいきわたっています。

2019年3月からは1等のさらに上をいくクラスも。値段はコースや座席によって変わり、サンモリッツ〜ディセンティス間で約1万円〜となります。

ベルニナ急行/スイス

image by:Shutterstock.com

スイスを代表する観光列車の1つ「ベルニナ急行」。4,000m級のベルニナアルプスや雄大な氷河、山上湖などの自然が作り出した絶景を短時間で手軽に楽しめます。

サンモリッツ・クールとイタリアのティラノの間で運行されており、この運行区間の大半が世界遺産にも登録されました。

image by:Shutterstock.com

同じ区間を走るローカル列車も多いため、途中下車がしやすいのも魅力。料金は季節や座席の種類によって変わり、サン・モリッツ〜クール間で約6,000円。

ハルツ狭軌鉄道/ドイツ

image by:Shutterstock.com

魔女伝説の残るハルツ地方のヴェルニゲローデ駅から標高約685mのブロッケン山の山頂に向かい、2時間ほどの旅を楽しめる本格的な蒸気機関車。

ドイツ各地では今でも蒸気機関車が観光客や地元の人々の足として活躍していますが、なかでもこの「ハルツ狭軌鉄道」は多くのドイツ人に親しまれています。

image by:Shutterstock.com

開放的なデッキで雄大な景色を思う存分堪能できるでしょう。料金は1人あたり往復で約3,500円。

エル・トランスカンタブリコ・グラン・ルフォ/スペイン

image by:エル・トラスカンタブリコ・グラン・ルフォ

エル・トランスカンタブリコ・グラン・ルフォ」では、スペイン北部の革新的かつ神秘的な旅を、クラシカルで落ち着いた雰囲気の車内で楽しめます。

車窓から見えるのは複雑に入り組むリアス式海岸や、緑豊かなカンタブリア山脈が連なる山々などの自然が生み出す美しい景色。

通常のツアーでは訪れることが少ない小さな田舎町や漁港なども巡るため、ひと味違う贅沢な旅を味わえるでしょう。

image by:image by:エル・トラスカンタブリコ・グラン・ルフォ

サンティアゴ・デ・コンポステーラ〜サン・セバスチャン間を走る7泊8日のこの列車をはじめ、カンタブリア地方をめぐる豪華列車は3種類あります。


ロボスレイル/南アフリカ、タンザニア

image by:Africanstar / Shutterstock.com

プライド・オブ・アフリカ」の異名を持つ「ロボスレイル」。南アフリカの2つの都市ケープタウンとプレトリアを結びアフリカを縦断する世界最高峰の豪華列車です

プマランガの野生動物保護区からビクトリア滝まで、アフリカの大自然に触れながら走行。上品な内装の車内は19世紀にタイムスリップしたかのようなクラシカルでエレガントな雰囲気です。

image by:Africanstar / Shutterstock.com

客室は2人ですごすにも十分なスペースが保たれ、ゆったりと快適。ほかにも五つ星クラスの豪華な食事をはじめ、一流のサービスで贅沢な旅になること間違いなし。2泊3日、料金は約15万円〜。

乗ってみたい憧れの列車は見つかりましたか。

ところで移動中の豪華列車では、乗客たちはどのような1日を満喫しているのでしょうか。つぎは、列車内での1日のすごし方を見てみましょう。

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅行に関するトレンドニュースをお届けします。

これぞオトナ浪漫の旅。童心くすぐる憧れの豪華列車をめぐる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 国内 「JKの街」に新大久保が台頭。平成世代の女子高生トレンドをプレイバック ★ 43
 国内 2019年、いいことありますように。「初詣」人気スポット10選 ★ 115
 北海道 2019年3月31日まで。お得に観光支援できる「北海道ふっこう割」 ★ 42
 海外 2019年のGW、10連休確定。予約殺到の海外旅行先はどこ? ★ 20
 その他のエリア 2019年の流行はなに?これから大注目の「8大旅トレンド」 ★ 163