旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

日本のドラッグストアで外国人が「夏買い」したものランキング

寝子
寝子
2019/09/07

日本政府観光局(JNTO)の発表によると、2019年5月の訪日外国人数は前年同月比 3.7%増えて277万3,000人と、5月としては過去最高数を記録しました。

この記録に達した経緯には、新規就航や増便等による航空座席供給量の増加や、継続的に展開してきた訪日旅行プロモーションの効果があったとみられています。

一人あたりの単価アップ!ドラッグストアは売れ行き好調

image by:Quality Stock Arts / Shutterstock.com

一方、ドラッグストアにおける訪日外国人の1店舗あたりの購買件数は、前年同月比から29.5%の減少。先月に引き続き、中国で施行された「電子商取引(EC法)」により、日本で購入した商品を転売しにくくなったことが影響していると考えられます。

image by:@Press

しかし、1レシートあたりの購買単価は前年同月比8.7%増の16,587円と、2019年2月から4カ月連続の16,000円超えを記録しました。比較的単価の高い化粧品の売り上げが好調だったことや、購買個数の増加が購買単価の上昇につながったようです。

image by:Shutterstock.com

今後、さらなるインバウンド消費拡大のためには、訪日観光客のドラッグストアへの来店促進などの施策がより求められると考えられます。

今回は、2019年5月のインバウンド人気商品Top10を紹介。春から夏に移り変わるシーズンとあって、暑い時期に使いたくなるアイテムが多数ラインアップしているようです!

アニメ・漫画・2.5次元・アイドルが趣味のライター寝子。ライター転身前はアパレル販売員やパタンナーアシスタントを経験。持ち前の探求心で旅行情報や国内外の幅広い話題を追求していきます。

日本のドラッグストアで外国人が「夏買い」したものランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
一般社団法人長崎観光連盟 充実しすぎ、コスパ良すぎ。神秘の離島・長崎「対馬」でパワーチャージ