旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

足裏が見えると侮辱の意味に…海外で日本人がしがちなNG行動part2

TRiP EDiTOR編集部 o
2019/09/04

普段、日本の街中で出会った外国人観光客に「マナーが悪い!」と感じたことがある人は多いかもしれません。しかしながら、それは逆も然り。私たち日本人は海外で本当に恥ずかしくない、あるいは現地の人を不快にさせない行動が取れているのでしょうか。

日本ではよくても海外ではダメなこと、意外と多い!?

以前に別の記事「裏ピースは侮蔑の仕草……海外で日本人がしがちなNG行動」でも取り上げましたが、私たち日本人にとっての常識と海外の常識は、ときにまったく異なります

ギリシャで相手に手をパーの状態を見せるのは「顔に泥を塗る」という意味になる、イギリスやオーストラリアで裏ピースは侮辱行為を表現する…などなど良かれと思って起こした何気ない仕草や行動が、相手を憤慨させたり、最悪の場合は罰金刑や犯罪トラブルに発展する恐れもあるのです。

image by:Shutterstock.com

そこで今回は、日本人がうっかりやってしまいそうなNG行動について、わかりやすく「ヤバいレベル」別にまとめました。「ウソ!それもダメなの!?」と、思わず叫びたくなる意外なタブーが盛りだくさん。知っていて損はないですよ!

ヤバいレベル★☆☆ 相手が不快に感じるかも?

まずはレベル1から。大きなトラブルに発展する可能性は低いものの、周りにいる人が不快に思ったり、「わかってないな〜」と思われてしまうかもしれないNG行動です。

挨拶をしない、返事が小さい(世界共通)

image by:Shutterstock.com

恥ずかしがり屋の日本人は、店で挨拶をされても無視しがち。入店時の「こんにちは」と店を出るときの「さようなら」、最低限この2点は、渡航先の母国語でいえるようにしておきましょう。

食器を手に持って食べる(韓国)

image by:Shutterstock.com

日本では、茶碗やお椀などを置いたまま食べると「犬食い」といわれますが、実は食器を手に持って食事する国は世界的に見て珍しいとか。

日本人旅行者も多い韓国ですが、重く熱を通しやすい真鍮製の食器を使う歴史の影響もあり、手で持って食べることがタブーされています。

くしゃみをして何もいわない(欧米ほか)

image by:Shutterstock.com

マナーというとやや大げさですが、主にヨーロッパではくしゃみをした後に「 エクスキューズ ミー」と小声で告げるのが礼儀。


また、アメリカでは周りにクシャミをした人がいたら「Bless you(ブレスユー)」といってあげる習慣があります。

乾杯時にグラスを鳴らす(ハンガリー)

image by:Shutterstock.com

日本以外にもグラスを鳴らして乾杯するのが一般的な国は多いですが、ハンガリーではNG。これは1849年のハンガリー革命でハンガリー軍を破ったオーストリア軍が、捕虜の前で派手にグラスをぶつけてビールで乾杯したことに由来しているそう。

鼻をすする(欧米ほか)

image by:Shutterstock.com

アメリカやヨーロッパを中心に、特にドイツ人にとって鼻をすする行為はとても不愉快がられます。ただし、大きな音でもハンカチで鼻をかむのはOK。鼻水をすするくらいなら、ティッシュで豪快にかむ方が失礼がないとされているのです。

お酒が空になる前に継ぎ足す(韓国)

image by:Shutterstock.com

日本では上司のお酒が少なくなるとお酌をするのが暗黙のマナー…ですが、韓国ではお酒の注ぎ足しは厳禁。これは、死者に対する儀式の際にお酒を注ぎ足す行為があるためです。また、目上の人の前でお酒を飲むときは横を向くマナーもあります。

足裏が見えると侮辱の意味に…海外で日本人がしがちなNG行動part2
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい