旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

江戸時代の日本人たちが世界をザワつかせた「人魚づくり」物語

Array
2020/07/06

何の分野でも、日本の技術力は世界で高く評価されています。数カ月前に漆器の産地で伝統工芸を見てきましたが、もちろん海外からの評価は高いそう。工業製品などの分野でも、日本の技術力は世界屈指のレベルを誇っています。

実はこの日本のモノづくり、古くからさまざまな分野で世界を驚かせてきた歴史があります。

例えば、日本の江戸時代の漁民がつくった精巧な人魚が、アメリカの博物館に展示された当時、大きなセンセーションを起こした歴史があるとご存じですか?

現代にまで語り継がれてきた人魚伝説。今回は、日本が生んだ「人魚」について、世界の歴史とあわせてご紹介していきます。

江戸時代に入ってきたヨーロッパの人魚像

コペンハーゲンの人魚像image by:Shutterstock.com

そもそも人魚といえば、どのような生き物を想像しますか?

下半身がで、上半身は半裸の若い女性。そして髪が長く、髪の毛で胸を隠していたり、貝がらを胸にあてていたりする姿ではないでしょうか。ディズニー映画『リトル・マーメイド』などにも登場するので、みなさん共通のイメージがあるかと思います。

この共通点は、人魚=美しく若い女性。しかし、こうしたイメージはあくまでも、デンマーク人の世界的な童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセン(1805~1875)が描いた『人魚姫』が、後世に決定的な影響を与えていると考えられています。

Vilhelm Pedersen画「人魚姫」image by:Wikipedia commons/public domain

もちろん日本も一緒で、明治維新により西欧の文化が一気に入ってくるようになると、1837(天保8)年に書かれたアンデルセンの『人魚姫』が日本にやってきます。その影響が日本人の人魚像のモデルをつくっていくのですね。

プラスして日本には、鎖国をしていた江戸時代にも、ヨーロッパの人魚像が入ってきていました。


鎖国の時代でもオランダと中国は例外で、オランダからはジョン・ジョンストン(ヨンストン)著『動物図譜』という書物が、幕府に献上されていたといいます。

『動物図譜』の第2部「異国の魚類」の第3章では、イラスト付きで「人魚」が紹介されています。この書籍は長く幕府の文庫に眠っていたとされますが、1768年に大槻玄澤によって著訳されました。

著訳された『六物新志』という題名の本には、「人魚」についての解説が30ページほどとかなり充実しています。そのなかにはオスとメスの「人魚」のイラストも含まれています。この人魚も、やはりどちらかといえば、現代人が想像する人魚といった感じです。

いま読まれてます
 石川 290人の名探偵を輩出。金沢にある日本初の「ミステリーカフェ」 ★ 68
 富山 お土産の切り札に。ノスタルジックに魅せられる富山「ケロリン桶」 ★ 110
 石川 この思い、関係を断ち切りたい…金沢の縁切り&縁結び神社「貴船明神」 ★ 45
 石川 もうハートは離れない。きっと思いが伝わる「愛染寺」縁結びの絵馬 ★ 47
 石川 「木漏れ日」のなかで本を愛でる。美しい光が差し込む「金沢海みらい図書館」 ★ 172
江戸時代の日本人たちが世界をザワつかせた「人魚づくり」物語
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます