東京はなぜ初体験が遅い?県民性で見る、夜の「ベッドタイム」事情

Array
2020/08/22

やっぱり田舎だから?初体験が「早い」都道府県ランキング

image by:Unsplash

第2位 福島県(19.7267歳)

初体験の早さランキングでは「福島県」が第2位にランクイン。パートナー以外との回数では第1位に選ばれた福島県。

山口県民に対しては、明治維新から100年以上経ったいまでも恨みを抱いているなんていわれていますが、県民性としては粘り強く、コツコツと働く人が多いのだとか。そして一度決めたことはところん貫き通す、一途な一面も。

少し古いデータになりますが、2011年「平成23年人口動態統計月報年計」の調査結果によると、平均初婚年齢が最も低いのは夫・妻とも福島県でした。

全国平均は夫30.7歳、妻29.0歳に対し、福島県は夫29.6歳、妻27.8歳と、全国平均よりも早いという結果がわかりました。

「地元の友人はだいたい20代で結婚していました。当時、私は独身だったので、帰省したときは誘いにくいって思うことがありましたね。あと『周りが〜』っていうのが強くて、自分だけ取り残されているという焦りを感じることもありました」(福島県出身)

第2位 青森県(19.7267歳)

早熟なイメージのある都市部を抑えて「青森県」が同率で第2位にランクイン。同県の男性は約19.7歳、女性も約19.7歳というほぼ同じ年齢という結果に。

粘り強さや我慢強さがある県民性が特徴で、「じょっぱり」といわれる頑固なイメージを持たれがちですが、真面目さゆえに一途な人も多いのだとか。

ただ、雪深い地域は冬に外出できないから…という説を裏付ける結果になっているのかもしれません。

第1位 沖縄県(19.6867歳)

初体験の早さランキング第1位だったのは「沖縄県」でした。理性よりも感情で動く人が多く、直感を信じるタイプの県民性です。


そして人懐っこくて優しい、温暖な地域ならではの特徴があります。それゆえに開放的な気持ちになりやすいのかもしれませんね。

都会は遊びがたくさんあるから?初体験が「遅い」都道府県ランキング

第45位 静岡県(20.8000歳)

続いて、初体験が遅い都道府県についてご紹介していきます。今回、第45位だったのは「静岡県」でした。

本州のなかでも温暖な気候で、のんびり屋さんで常識人が多い同県。そして東海道の重要な拠点であったため、人の出入りが多く、社交的なかたが多いといわれています。

一見、開放的なイメージのある静岡県ですが、実は初体験の年齢は沖縄県と比べると約1歳の差があるようです。

第46位 東京都(20.9267歳)

第2位は「東京都」でした。とくに女性がもっとも遅い、全国第47位。流行の最先端で、何事も先をいくイメージのある東京は、江戸時代のころからいろいろな物や人が集まっていました。そのためより良いものを見出そうとする意識が高く、相手を見極めたい、という特徴があるのかもしれません。

また、地方と比べると娯楽も多く、人が多いため警戒心が強いといった一面も。

「周りの友人は大学に入ってからという子が多かったです。なかには早い人もいたみたいですけど、受験勉強があるのでそれどころではないって感じでしたね」(東京都出身)

第47位 奈良県(20.9833歳)

今回の調査でもっとも初体験が遅いのが「奈良県」でした。「京都は着倒れ」「大阪は食い倒れ」、そして「奈良は寝倒れ」という言葉があります。

京都の人は着るもの、大阪の人は食べ物にお金をかけるのに対し、奈良の人はなにもせず寝て身の上をつぶす、といわれていました。このことにおいても関西のなかでは比較的スローペースで、せかせかしていません。

前述した通り、のんびりで穏やかな人が多い奈良県では、「周りの人がしているから自分も」というのではなく、あくまでも自分のペースで物事を運ぶ傾向にあるのではないでしょうか。

いま読まれてます
エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
東京はなぜ初体験が遅い?県民性で見る、夜の「ベッドタイム」事情
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます