旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

下の毛ないの!?外国人からよく聞かれる「日本への誤解」7選

Array
2021/05/26

7. 日本って、何でも「KAWAII」

image by:Hannari_eli/Shutterstock.com

外国人からすると、日本人は「KAWAII(かわいい)大国」として見られているようです。いわれるたびに「ちょっと違うんだよな」とも思いますが、例を出されると「なるほど」と妙に納得してしまう部分もあります。

いい意味で評価される場合、例えばコスプレ好きのヨーロッパ人に「日本はかわいい、全てがかわいい」「クレジットカードもかわいいなどと、べた褒めされます。

確かにいわれてみるとその通りで、日本のキャッシュカードやクレジットカードにも、アニメのキャラクターが描かれる限定デザインが出ていたりしますよね。

image by:dekitateyo/Shutterstock.com

筆者が暮らしてる富山県富山市の場合は、自治体がキティちゃんとコラボしていたので、公的な発行物にキティちゃんが描かれている場合もあります。デパートの大きな壁面広告に、巨大なキティちゃんがお目見えした時期もありました。

そのときは、富山市内を走る路面電車の車体にも、キティちゃんが描かれていました。しかし、自治体がキティちゃんとコラボする時点で、海外から見ると確かに普通ではないのかもしれません。

日本に暮らしていると感覚がマヒしてしまいますが、いわれてみれば、そこかしこに「かわいい」があふれています。でも、もちろん「かわいい」だけではありませんよね。

2000年以上の歴史を誇る日本には、クールジャパンを担う要素のひとつである「伝統芸能」も数多くあります。最近では日本の伝統的な文化・芸能がマンガのテーマで取り上げられ、日本のみならず海外でも密かなブームとなっていることも。

もちろん日本だけでなく、国によってそれぞれ特徴は異なりますし、私たち日本人も海外諸国に対して抱くイメージもあるはず。

昨今では新型コロナウイルスの影響で、海外旅行に出かけられる機会がいつになるか分からない状況が続いています。そんないまだからこそ、外国人の視点を通して、あらためて日本の知られざる一面を再発見してみるのもおもしろいかもしれませんね。


  • 参考:PR TIMES,World Date
  • image by:Unsplash
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

翻訳家・ライター・編集者。成城大学文芸学部芸術学科卒。富山在住。主な訳書『クールジャパン一般常識』、新著(共著)『いちばん美しい季節に行きたい 日本の絶景365日』。北陸のWebメディア『HOKUROKU』創刊編集長。WebsiteTwitter 

 富山 お土産の切り札に。ノスタルジックに魅せられる富山「ケロリン桶」 ★ 277
 カナダ カナダで愛される定番グルメ。現地の人に聞いた「おふくろの味」は? ★ 70
 国内 この景色、失いたくない。古き良きニッポンの「美しい村」5選 ★ 312
 海外 なぜ、ナイアガラの滝はあんなに大きい?カナダに隠された4つの謎 ★ 32
 富山 なぜ富山の山村で?世界的な祭典、「演劇のオリンピック」が開催 ★ 277
下の毛ないの!?外国人からよく聞かれる「日本への誤解」7選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます