旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ヤリたくなってもヤッちゃダメ!?周りをイラッとさせる「NG行動」ランキング

Array
2021/10/09

第5位 SNSの投稿を優先する

image by:Unsplash

旅先は美しい景色や食べ物であふれています。思い出を全部残したくて、1回の旅行で何百枚単位でたくさんの写真を撮る人も多いですよね。

ただし、SNSの投稿を意識するあまりに、相手への気遣いを忘れないように注意。また、友人が写っている場合は、投稿前にどの画像を使うか伝えておくのが現代のマナーです。

第4位 ガイドブックの地図も見ないでただついてくるだけ

image by:Unsplash

計画を立てるといっても、どちらかが主体になってしまうのは仕方がないこと。ですが、旅は行く人同士が協力しながら作り上げていくもの。極端に負担が偏ってしまうのは、好ましい状態とはいえません。

計画を立てた側に頼りきりではなく、立ててあるベースの行程に沿って、より楽しめる手段や方法を提案するように心がけたいですね。

第3位 計画どおりにいかないと怒り出す

image by:Unsplash

電車に乗り遅れてしまったり、予定していたアクティビティが雨天で中止になってしまったり。考えたスケジュール通りにいかないなど、旅行中にアクシデントはつきものです。

とはいっても、それは仕方がないこと。決して不機嫌になってはいけません。残念に思っているのは相手も同じなのですから。そんな急なトラブルが起こったとしても、一緒に協力しあって困難を乗り越えたいですね。

第2位 移動中も目的地でもところ構わず携帯ゲーム

image by:Unsplash

移動中や時間があるときに触りがちなスマホ。SNSをひらいたり、ゲームをしたり、無限の楽しみ方がありますが人といるときは少しばかり意識を他者に向けたほうがいいかもしれません。

わざわざ貴重な休みを取り、旅費を出して訪れた旅先。マイペースにリラックスするのもいいですが、いつも通りにゲームへ集中してばかりだと、ふっと現れる車窓の絶景などを見落としてしまうかも?


いま読まれてます
ヤリたくなってもヤッちゃダメ!?周りをイラッとさせる「NG行動」ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます