旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

トテトテ歩く羊の赤ちゃん。茨城県「こもれび森のイバライド」で公開

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2016/06/14

ヒツジは年に1度、秋ごろに妊娠し、春に1頭、ときには2頭の子どもを産みます。そして今年、テーマパーク「こもれび森のイバライド」では、3頭の子ヒツジが生まれました。親ヒツジは異なりますが、同時期に生まれた3頭は仲良しそのもの。まるで三つ子の兄弟みたいなヒツジを見ていると、自然に微笑みが浮かんできそうです。

3頭の子ヒツジがまるで三つ子の兄弟みたいに!

茨城県稲敷市にある「こもれび森のイバライド」は、「動物に直接ふれることのできるテーマパーク」がコンセプト。そのため、数々の動物たちが同テーマパークで暮らしています。そのなかには「ヒツジ」がいますが、先日4月3日から5日にかけて赤ちゃんが産まれました。1日に1頭ずつ生まれて3頭になったヒツジの赤ちゃんは、親ひつじが異なりますが、まるで兄弟のようにいつも寄り添っています

img_99384_6

ヒツジといえば真っ白な姿を想像すると思います(汚れて茶色くなったヒツジもいますが…)。しかし、産まれたばかりのヒツジの赤ちゃんは真っ白ではなく、手足と耳の先が茶色いかったり、耳だけ白かったりしています。成長していくと、どのヒツジも似たような姿になりますが、もこもこした毛に覆われていない今なら、それぞれの違いがわかると思います。

「こもれび森のイバライド」で特別に子ヒツジを公開中

img_99384_1

まだおぼつかない足取りで親ヒツジたちの中をかけまわる姿は可愛らしく、子ヒツジたちから目が離せません。

本来ならもうすこし大きくなるまで公開を待つのですが、特別に牧場内を自由に歩き回らせているとのこと。

手をのばしたら、指先に触れてくれるかもしれません。

img_99384_5

img_99384_2

4月に生まれたばかりですが、もうこんなに大きくなってるみたいですよ。

 

イバライドさん(@ibaraido)が投稿した写真

 

成長するのも早いヒツジ。まるで兄弟みたいな3頭の子ヒツジに会いたければ、早めに「こもれび森のイバライド」に行くことをオススメします。

こもれび森のイバライド


住所:茨城県稲敷市上君山2060-1

電話番号:029-892-3911

営業時間:9:30~17:00

入場料:大人(中学生以上) 1,000円、小人(4歳以上小学生まで) 600円、幼児(3歳以下) 無料

駐車場:500円/1台

公式サイト:http://www.ibaraido.co.jp/

  • 記事提供・編集協力:P.M.A.トライアングル
  • ※掲載時点の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます
TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

 全国 旅好きが選んだSL(蒸気機関車)人気ランキング、ダントツの1位は…? ★ 491
 熊本 まるでシムシティ。熊本の城下町を3Dジオラマで再現した立体マップ ★ 48
 奈良 食から始まる工芸デビュー。300周年・中川政七商店発信のおいしい伝統 ★ 15
 東京 初出店の地方ブランドが腕試し。浅草の新名所「まるごとにっぽん」 ★ 48
 神奈川 水族館で胸キュン。パンダのようなイルカが八景島にやってくる ★ 70
 全国 ジモトの新聞記者が悩んで選んだ、 地方イチ「おいしい」贈り物弁当 ★ 46
トテトテ歩く羊の赤ちゃん。茨城県「こもれび森のイバライド」で公開
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます