梅雨でも猛暑でも。室内で思いっきり遊べるアスレチック施設が大人気

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2018/06/27

梅雨のジメジメ天気が続くと、子どもをなかなか外遊びさせてやれなくて困りますよね。かと思ったら、今年はいきなりの猛暑到来!そうなると今度は、熱中症が心配になるし、親の方も日焼け対策が大変…と、この季節の外遊び、本当に悩みが尽きません。

実はいま、そんなパパ・ママの悩みを解決してくれる「室内アスレチック施設」が、全国各地に次々と誕生しています。広さも遊具も桁違いのスケールで、従来の児童館などとは比べられないほどの楽しさ。日差しや雨を気にせず、子供たちが思いっきり体を動かして遊べて助かると、人気になっています。今回はそんな室内アスレチックの中からいくつかピックアップしてご紹介しましょう。

都内最大級の「ASOBono!(アソボーノ)」

東京ドームシティ内にある「ASOBono!(アソボーノ)」は子どもと大人が一緒に楽しめる、都内最大級の屋内遊戯施設。巨大ボールプールおままごとプラレールなど、期待通りのおもちゃが揃っていて、思う存分楽しめます。付き添いのはずだったママやパパも、最終的に我慢できなくなりきっと一緒に遊んでしまいますよ!

元気を持て余している特に2才児以降はここに連れていけば間違いない。平日でも休日でもとにかく混雑するので、早目の時間がおすすめ。

海のようなボールプール。帰るよと言っても出てこなさそう
青いボールの海に、何度でもダイブ!ママもやりたいな
おままごと用の食材も本物スーパー並みの品揃え。メニューは何にしましょう
遊具がたくさんあるのがうれしい。パパもプラレールに夢中
積み木もいっぱい。スケールの大きな作品が作れちゃう
ベビーエリアもこの通り遊具が充実しています
広いから、たっぷりハイハイの練習ができますね

観光地情報
  • 屋内型キッズ施設 ASOBono! | 東京ドームシティ
  • 東京都文京区後楽1-3-61
  • 03-5800-9999
  • こども(6ヶ月~小学生)60分930円、延長30分毎410円、1日フリーパス1,650円、おとな(中学生以上)入場料930円
  • 平日10:00~18:00 土日9:30~19:00
  • https://www.tokyo-dome.co.jp/asobono/

アソボーノは、首都圏にお住いの方なら一度は行ってみてほしい人気の場所。最近水道橋付近に子ども連れが多いのは、そう、アソボーノがあるからなんですね。あまりの面白さに「帰りたくない!」と駄々をコネられたら、そのあとムーミンカフェに行くのもいいかも。

いま読まれてます
TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

 鳥取 この家、樹木の上に建っています。鳥取にできた憧れのツリーハウス ★ 237
 栃木 3歳でも「泡パ」できちゃう水遊び場系遊園地「じゃぶじゃぶガーデン ちゃぷーん」 ★ 13
 大阪 5ヶ月で100万人突破!話題の新ミュージアム「ニフレル」のココがスゴい ★ 68
 九州 ふるさと納税で大ヒット!不況直撃の工場を救った「ままごとキッチン」 ★ 2081
 埼玉 ムーミンもやってくる。「北欧」にリニューアル中の埼玉県飯能市を探索 ★ 235
 福島 忘れられない夏。福島の子どもたちがイタリアの島にサマーステイ ★ 299
 全国 手ぶらで行ける贅沢キャンプ。日本の有名グランピングスポット5選 ★ 145
 東京 水着美女が今年もいくヨ!「ナイトプール」の大本命にディスコが登場 ★ 119
エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
梅雨でも猛暑でも。室内で思いっきり遊べるアスレチック施設が大人気
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます