梅雨でも猛暑でも。室内で思いっきり遊べるアスレチック施設が大人気

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2018/06/27

ピュアハートキッズランドのビックオーシャンへ行こう!

さて、最後にご紹介するのが、ピュアハートキッズランド。ここのボールプールは、子どもたちもビビるほどのデカさと深さ!パパやママも、童心にかえってついつい夢中になっちゃうと評判ですよ。

敷地は400坪~1000坪もあり、ホワイトサンドの砂場をはじめ、子どもたちが目の色を変えちゃう遊具が充実しています。また、ドレスに着替えて写真が取れるフォトスタジオも女の子に大人気。さらにさらに、 1時間に1回イベントをやっていて、大型絵本の読み聞かせや、舞台に上がってのリズム体操など、とにかく飽きさせません。

おっきなプールで、こんな笑顔がみられます!
ママもいっしょにボールの海へ入れば、こんな笑顔に!
遊具がどれも清潔なのも人気の秘密
トンネルくぐりは子どもの冒険心をくすぐります
こういうのがほしかった。乗り物を選び放題!
真っ白な砂はいつもの公園と違ってさらっさら
小さなお子様も参加できるイベントは毎日開催

観光地情報
  • ピュアハートキッズランド(全国9箇所・2018年6月現在)
  • 完全会員制(年会費315円/1家族)
    最初の1時間:500円、以後30分毎:200円(伏見桃山店のみ最初の 1時間:420円、以後30分毎:210円
    時間無制限:1日どれだけ遊んでも990円
    トワイライト :16時以降どれだけ遊んでも 660円
  • http://www.nikke-purekids.jp/
  • 利用時間・休館日は各店舗により異なります。ホームページでお確かめください。
    小学生までのお子様とその保護者の方を対象とした大型室内公園です。
    中学生~19歳のお客様は保護者同伴でもご入場いただけません。 保護者とはお子様のご両親、親権者または成人(20歳以上)で、ご本人様確認書類をご提示いただける方となります。 大人のみ、子どものみでのご入場はできません。

以上、全国の室内アスレチック施設をご紹介してきました。
ダイナミックに体を動かせるものから、デジタル技術を駆使して想像力豊かに遊べるものまで、実に豊富な遊具が揃っていて、長時間夢中になって過ごせそうです。天気が悪い日も良すぎる日も、これは大満足間違いなし!

実際に行ってみて驚くのは、その人気の凄さ、つまり混雑ぶりです。子どもは大勢の中を夢中で走り回りますから、自分の子を目で追うのがそれはそれは大変です。ましてや、きょうだい2~3人連れでママ1人だったりしたら、バスケのゾーンディフェンスみたいになってあちこち動き回る羽目になります。ですから、人気の施設に行くときは、午前中の早い時間に出かけるのがいいでしょう。もう一つ、最初に「何時まで」と決めておかないと、子どもたちはいつまでたっても走り回ったまま、ママのところへ帰ってきてくれませんのでご注意を(笑)。

そして帰り道では親も子もすっかり疲れてぐったりしてしまうんですが、スケールの大きな遊具で笑顔いっぱいになって遊んだ記憶は、子どもたちがずっと大きくなってからも、楽しかった思い出として残っていることでしょう。少なくとも親の方は、普段物静かなはずなのに元気に走り回る我が子の溢れるような笑顔が、とても貴重な思い出になりました。ぜひ、お近くの室内アスレチック施設を探してみてくださいね。

いま読まれてます
TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

 鳥取 この家、樹木の上に建っています。鳥取にできた憧れのツリーハウス ★ 237
 栃木 3歳でも「泡パ」できちゃう水遊び場系遊園地「じゃぶじゃぶガーデン ちゃぷーん」 ★ 13
 大阪 5ヶ月で100万人突破!話題の新ミュージアム「ニフレル」のココがスゴい ★ 68
 九州 ふるさと納税で大ヒット!不況直撃の工場を救った「ままごとキッチン」 ★ 2081
 埼玉 ムーミンもやってくる。「北欧」にリニューアル中の埼玉県飯能市を探索 ★ 235
 福島 忘れられない夏。福島の子どもたちがイタリアの島にサマーステイ ★ 299
 全国 手ぶらで行ける贅沢キャンプ。日本の有名グランピングスポット5選 ★ 145
 東京 水着美女が今年もいくヨ!「ナイトプール」の大本命にディスコが登場 ★ 119
エアトリインターナショナル オーストラリアってどんな国?夏までに行きたい「気になる都市」を見つけよう!
梅雨でも猛暑でも。室内で思いっきり遊べるアスレチック施設が大人気
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます