旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

まるで絵本の国。森の小さな生き物の世界を再現した「プール」誕生

渡部郁子
渡部郁子
2018/07/12

山梨県北杜市のリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」の附帯プール「イルマーレ」がリニューアル、小さい子どもたちが安心して遊べる「水遊びエリア」が新しく登場しました。オープン内覧会の様子をレポートします。

プールデビューにおすすめ

イルマーレは、室内型の波のプールが特徴。年間を通して利用できるものの、ビックウェーブを怖がる小さな子どもも、いることもあり、プールデビューに訪れる乳児が多いリゾナーレ八ヶ岳の施設という特徴を生かして、乳児も遊べるように、子ども向けエリアを新しくデザインしたとのこと。

大きな波のプールの向こうに、絵本のような世界が

更衣室からプールエリアに出ると、大きな波のプールが現れます。ぐるりとまわりこんだ奥のエリアに、「森の中の海」をコンセプトにした水遊びエリアが作られました。橋を渡っていくと、そこに現れるのは絵本の世界のような水遊び遊具。

テントウムシの気分で

葉をモチーフにした様々な遊具から、それぞれ違った形で水が噴出。子どもたちは、どこからどのように水が出てくるか、ワクワクしながら飛び回っていました。葉っぱから葉っぱへ飛び移ったり、どんぐりを水に浮かべて転がしてみたりと、気分はまるで、虫の世界。

スライダーとすべり台

一番奥に、スライダーを設置。スピード感のある「どきどきスライダー」と、こぶの間をすべりおりる「でこぼこすべり台」。どちらも、他の遊具と同じ「森の中」をイメージした作りで、小さいながら大人気です。

浅瀬のプールや、温かめのプールなど

プールデビューのお子さんが水を怖がらない工夫として、水深10cmの浅瀬のプールや、38℃のやや高めの温度の温水プールがあります。いきなり冷たい水でびっくりしないよう、お風呂と近い環境でプールに慣れることができるという配慮があり、これなら「プールデビューで水が嫌いになった」なんてことになる心配がありません。

子どもは大はしゃぎ、大人は?

うれしい配慮は子ども向けだけではありません。パラソルとソファーのある空間で、大人が子どもの近くでくつろぎながら見守れるスペースを確保。子どもが遊ぶのを見ながら、大人の時間を楽しむことができそうです。

近隣居住者向けの優待制度も

イルマーレのある山梨県と、そのお隣、長野県の居住者向けに、優待割引制度があります。混雑期を除くなど利用できる日程は限られますが、「近くにあったら毎日通いたい!」という人も安心して通える料金で、年間を通して楽しめる優待制度です。

この夏、リニューアルを体験

7月にリニューアルしたばかりのイルマーレ、夏のプールに迷ったら、リゾナーレ八ヶ岳に出かけてみませんか?

観光地情報
  • イルマーレ(室内プール)
  • 星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳内
  • 大人2000円、3歳~小学生1000円(こどものみの入場は不可)
    7/14~9/2は 大人3,600円 3歳~小学生1,800円
  • https://risonare.com/yatsugatake/

情報:星野リゾート

渡部郁子

(わたなべいくこ)
アウトドアナビゲーター、温泉ソムリエ。JFNラジオ「JOYFUL LIFE」パーソナリティほか、山、温泉、音楽をテーマに様々なメディアで情報を発信中。子連れで国内各地をめぐり、温泉やアウトドアの取材、子連れ旅行の啓発などを行っています。

まるで絵本の国。森の小さな生き物の世界を再現した「プール」誕生
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 アジア GWに「プチ海外移住」するなら、バリ島の楽園・ウブドで決まりでしょ ★ 32
 全国 1位は徳島。夏の国内旅行、今年の人気上昇ランキングで四国に関心集まる ★ 1933
 長野 【体験記】週末は贅沢な田舎を味わう。星野リゾート「界 アルプス」 ★ 12
 全国 そうだ夜空を見上げよう。美しい「星空」で観光客誘致がじわじわ人気 ★ 472
 東京 ホテルで過ごす非日常、ブラックアフタヌーンティーの優雅な時間 ★ 90
 海外 フランスのリゾート地「レユニオン島」で出会ったスパイシーな郷土料理 ★ 7
 千葉 千葉にある不思議の島。歩いて渡れる無人島「沖ノ島」でプチ探検気分 ★ 261
 福井 地元の名物は、崖です。福井の新観光地「がけっぷちリゾート」探索 ★ 74