旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

世界のホテル王「ヒルトン」はいかにして世界大恐慌を乗り越えたのか

ケニー・奥谷
ケニー・奥谷
2018/07/14

富豪たちが暮らすホテル

プラザホテルのロビー中央には、パームコートと呼ばれる場所がある。

とあるトラベルライターが“世界一美しいカフェ”と称した、天井がステンドグラスで覆われているこのカフェは、ホテルが建てられた時から上流階級の人々の憩いの場となっている。あくせく働かなくてもいい身分の人々が、毎日このカフェでお茶を飲みながら時間をつぶす。

2人の男が、このパームコートでアフタヌーンティーを飲みながら話をしている。ともにラフな身なりで、瀟洒な服装をしているその他のゲストとは雰囲気が違っていた。

「先日、ルーズベルトホテルを買ったばかりなのに、ヒルトンがプラザホテルも買おうとしているという噂を聞きましたか?」

「もちろんです。ニューヨークタイムズに出ていましたから。テキサスの田舎を中心に広がっているビジネスホテルチェーンでしょ。そんなのに買われたら、このホテルはどうなってしまうかわからない。そろそろ引っ越しを考える時かもしれないですなあ。それにしてももったいない……」

男は上を向いて、天井のステンドグラスを見つめた。見慣れているはずの赤いバラと緑の弦がとても新鮮に見えた。

「先ほど、セント・レジスを見てきました。セントラルパークは見えなくなりますが、なかなかの造りをしたホテルでした。ただ、ロビーが狭いです」

「そうですか。ゴッサムホテルも同じです。ロビーが狭いんですよ。セントラルパークが見え、こんなにゆったりとしたロビーと、ゴージャスなレストランが備わったホテルは、プラザ以外にはないですから。本当に残念なことです……」

ヒルトンによる買収話は、瞬時にしてプラザホテル内に暮らす人々の間を駆け巡った。ヒルトンを歓迎する人は誰一人としておらず、人々はプラザホテルを去ることを考え始めていた。そして10月、ついにヒルトンはプラザホテルを買収する。その直後、コンラッドは思いもよらぬ行動に出た。


「キャサリーン、いい文章を考えてくれないか?」

「もちろんです。どんな内容でしょうか?」

「プラザホテルに暮らしている人々に、出て行かれないようにしたいんだ。あのホテルはロケーションといい、格式といい、ニューヨークナンバーワンのホテルと言って間違いない。だから、ヒルトンホテルの名前を使うつもりはないんだ」

「えっ! せっかく、高いお金を出して買ったのに、ヒルトンの名前をつかわないんですか?」

「君も学生時代に“ザ・グレート・ギャツビー”を読んだと言っていたよね。あそこまで名前が世間に浸透してるホテルの名をいまさら変えたら、これまでついていたファンが離れてしまう。ヒルトンホテルはビジネスホテルとしてのイメージが強いから、プラザホテルをヒルトンホテルという名前にするのは利益を損ねる愚行にすぎない」

キャサリーンは目を丸くした。

「わかりました。それで?」

コンラッドは目を閉じながら続けた。

「親愛なるプラザホテルにお住まいの皆様へ……として、まずホテル名を変えないこと。それから、6ミリオンダラーをかけてホテルを修復すること。今よりもっと住みやすくするので、そのまま滞在してくれることを希望していること。この3点を伝えたいんだ」

「6ミリオンダラー! そんなお金があったら、ホテルがもう一軒、買えるじゃないですか!」

キャサリーンが目を丸くする。

「クラッシックホテルの修復にはとてもお金がかかるんだ。いたるところ金箔が使われているし、装飾も異常に細かいからねえ。あの手のホテルのゲストは豪華絢爛さを求めてくるから、いつも輝いていないとダメなんだよ。6ミリオンダラーぐらいはかけてもいいんだ。なにしろ、たったの7.4 ミリオンダラーで買ったんだから」

「計算通りだったんですね!」

コンラッドは頷いた。

「プラザホテルは“家畜”のようなものだ。餌を与えて太らしておけば、将来、その何倍もの値段で売れるようになる。だが、戦争が続いている間は、居住者にいてもらわなくては困るんだ」

ケニー・奥谷

奥谷啓介、NY在住。慶応義塾大学卒業後、ウエスティンホテルズ入社。シンガポールのウエスティン、サイパンのハイアット、そして世界屈指の名門ホテル・NYのプラザホテルに勤務。2001年米国永住権を取得、現在はNYを拠点に執筆&講演&コンサルタント活動中。日米企業にクライアントを持ち、サービス・売り上げ・利益向上の指導からPR&マーケティングまでのマルチワークをこなす。
メルマガ:「ニューヨーカーたち」 by ケニー・奥谷

世界のホテル王「ヒルトン」はいかにして世界大恐慌を乗り越えたのか
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
三井住友カード 旅好きが密かに駆使してるクレジットカードの裏ワザ
 アメリカ 逆境に打ちかった不屈のホテル王「ヒルトン」が残した教訓 ★ 558
 アメリカ 誰もが旅を楽しむ時代をいち早く見据えていた「近代ホテルの父」の生涯 ★ 157
 アメリカ 志半ばで倒れたホテル王「セザール・リッツ」の成り上がり人生 ★ 179
 アメリカ 『ゴッドファーザー』のロケ地に最近、美味しいランチ店が急増 ★ 16
 ニューヨーク 60年代リスペクトなピザ屋も登場。NYで流行「スローバックスタイル」とは ★ 14
 ニューヨーク NYでも「おひとりさま」がブームに。一人旅に最適なスポットは? ★ 74
 北海道 【函館】築85年の旧銀行が、こんなにモダンなホテルになりました ★ 82
 長野 【体験記】週末は贅沢な田舎を味わう。星野リゾート「界 アルプス」 ★ 12