歴史から消えた巨大都市。謎多き古代遺跡「テオティワカン」

かつては水路だった?謎多き【死者の道】

太陽のピラミッドを下り、死者の道を通って月のピラミッドを目指します。距離は600mほどで、道の左右には多くの神殿跡が並んでいます。

かつて、アステカ人がこの建物を墓だと思ったことや、道沿いに多くの死体があったことから、この通りは「死者の道」と名付けられました。実際にここに住んでいた人たちが、なんと呼んでいたのかは分かりません。

また、道が水平ではなく少し傾いていることから、実は大きな水路として使われていたのでは、とも考えられています。

途中には、色々なメキシコ土産が売られていました。

広大な遺跡で、弓矢のオモチャを飛ばす子どもの姿も。

死者の道には、カラフルな彩色が残った「ピューマの壁画」があります。ぜひ、近くで見てみてください。

いま読まれてます
 その他のエリア 韓国人と中国人が気になっていた、日本とは微妙に違う礼儀作法 ★ 321
 国内 いまだにFAXって…外国人から見たニッポンのがっかりなところ ★ 275
 北アメリカ ロス1位は大谷人気?北アメリカの人気旅行先急上昇ランキング ★ 46
 スペイン 不気味なほど神秘的。スペインの「海底ミュージアム」 ★ 227
 メキシコ 一度は見てみたい。メキシコのカラフルな町「グアナファト」の絶景 ★ 119
エアトリ 西オーストラリアへ花の祭典と世界で最も幸せな動物「クオッカ」に会いに行く
歴史から消えた巨大都市。謎多き古代遺跡「テオティワカン」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます