旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

夢か天国か沼なのか。「CP+2019」各社フルサイズミラーレスに熱視線 #CPPLUS

TRiP EDiTOR編集部 s
2019/02/28

おでかけに旅行にイベントに、思い出を残すためにも欠かせないアイテムである「カメラ」ですが、その種類はさまざま。

その中でも、いま各社がもっとも力を入れ、カメラファンがドキドキワクワク待ち構えているのがフルサイズミラーレスではないでしょうか。

今回はそんなドキワクが尽きないミラーレスも顔をそろえたカメラの祭典「CP+2019」が、2019年2月28日(木)〜3月3日(日)まで開催されます。さっそく、初日の各ブースの様子を、レポートにてご紹介します。

みなとみらいがカメラファンで埋め尽くされるぞ「CP+2019」

みなとみらい駅から直通で行けるパシフィコ横浜で開催中の「CP+(シーピープラス)2019」。初日である2月28日は平日かつ大雨ながらも、カメラファンの熱気で春先の寒さを忘れるほど。

入場受付は2階のコンコースで行なっているので、事前に受付を済ませて入場パスをもらってから、1階の展示ホールに向かいましょう。

Nikon:Zシリーズのレンズラインアップにドキドキ

Nikonといえば、2017年に発売され大人気となったフルサイズ一眼「D850」がまだまだ人気です。しかし、いまもっとも注目を集めているのは、2018年に満を持して発売されたフルサイズミラーレスのZシリーズではないでしょうか。

タッチ&トライ(撮影体験)にもZシリーズの「Z6」「Z7」がズラリと並びますが、ファンが待ち構えているのは発売前のZシリーズ用MF大口径レンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」のようです。

この日も行列ができており、その期待の高さが伺えます。

レンズも年表で並んでいますが…


空欄があるほど気分が高揚するのはカメラ好きだからか、それとも気づくと自宅にレンズが増えてしまう、いわゆる「」(ある特定の事柄にハマると底なし沼のように抜け出せなくなってしまうこと)にハマって感覚がおかしくなっているせいなのか。

とにかく、今後のレンズラインアップの追加にも期待が高まりますね。

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

夢か天国か沼なのか。「CP+2019」各社フルサイズミラーレスに熱視線 #CPPLUS
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
Adobe(アドビ システムズ 株式会社) 詐欺なんて言わないで。旅行中の「失敗写真」を奇跡の1枚に直してみたぞ
 国内 ビール大好きドイツ人が選んだ、本当に美味しい「日本のビール」ランキング ★ 2069
 全国 1年でほんの数秒間、大都市から人が消える瞬間を切り取った写真 ★ 326
 東京 ニッポンを愛する外国人が撮った、エキゾチックすぎるTOKYO ★ 121
 国内 いま、持たない時代へ。最新カメラもレンタルできる「シェア旅」 ★ 35
 国内 ここだけの貴重な風景。カメラを持って出かけたい人気観光地TOP10 ★ 32
 全国 なんて神々しい。日本の地元で語り継がれる神秘的な自然現象15選 ★ 1526