旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

桜が一年中咲いている場所!?京都・亀岡の桜天満宮と「桜石」

KYOTO SIDE
KYOTO SIDE
2019/03/17

f:id:kyotoside_writer:20190312105837j:plain

石の断面にキラキラと輝く桜の花びら――このかわいい石を、皆さんはご存じですか?

花の模様が刻み込まれたかのようなこの石の名は「桜石(さくらいし)」。この桜石の産地が京都府亀岡市だと聞いて、KYOTOSIDE編集部は早速亀岡を訪れてきました!

亀岡市にある、ウワサの「桜石」を訪ねて積善寺へ

f:id:kyotoside_writer:20190312105908j:plain
この桜石が産出されるのは、亀岡市薭田野(ひえだの)町柿花から湯の花温泉にかけて。特に有名なのが薭田野町にある積善寺(しゃくぜんじ)の境内。平安時代創建の古刹で、境内に“桜天満宮”があるちょっと珍しい寺院です。

菅原道真から託されたのは、梅ではなく桜だった!?

f:id:kyotoside_writer:20190312105911j:plain

この積善寺桜天満宮、そして桜石は面白い縁で繋がっています。なんでも菅原道真が大宰府に左遷された時、亀岡の出身で道真に仕えていた高田若狭介は形見として、道真が愛した桜をもらいます。

早速、実家に戻って植えますが、1年目は花が咲いたのに翌年は咲かなかったため「これは主君に何かあったのでは!」と心配になり大宰府へ。道真に再会し無事を喜んだところ、その忠心に感激した道真が天拝山(大宰府の山)の土で自刻像を作り、若狭介に授けました。頂戴した像を大切に持ち帰った若狭介は、地元に社を作り道真像をお祀りします。

f:id:kyotoside_writer:20190312105914j:plain

さて、それから300年程たったある時、積善寺の中興の祖・無極上人(むごくじょうにん)の夢枕に道真が立ち「積善寺に社を移してほしい」と頼みます。一方、若狭介の子孫の夢枕にも道真が立ち、同じように言ったのだそうです!

そこで、道真像をお寺の境内に移し、天満宮を建てると、地面から桜の花模様の石が出てきたんですって!! 「ですから神社は一年中、桜が咲いているんですよ」とお寺の奥さんが教えてくださいました。
なんとステキな! そして道真のゆかりは梅でなく桜だったんですね。

石なのに、どうしてこんなカワイイ桜の形になるの?

f:id:kyotoside_writer:20190312110017j:plain

桜石の正式な鉱物名は「菫青石仮晶(きんせいせきかしょう)」。桜石は、もともとアイオライトという六角柱状の結晶でできた鉱物。アイオライトといえばパワーストーン好きな方にはお馴染みですよね。

そのアイオライトの六角柱状結晶が分解すると、形を残したまま白雲母や緑泥石に変化するのです。そして、さらに風化すると結晶だけになり、断面が花びらみたいになるんですって。なるほど! 雲母だから、こんなにキラキラしているんですね!!



子供の心で見ることが大事な「桜石」

f:id:kyotoside_writer:20190312110111j:plain

ところで先日、亀岡出身の方に桜石の話をしたら、「それ、子供の頃にお寺の境内でよく拾ってました! あの辺の子らはみんなキレイな石を拾って集めてましたね」との返事が。

そこで奥さんにお尋ねすると、「ええ、今でも近所の幼稚園の子供達が拾いに来ます。でもね、不思議なことに子供はよく見つけるんですが、大人はなかなか見つけられないんですよ」。
それならば、私も探してみたい! ということで、奥さんについて境内を歩いてみると……

f:id:kyotoside_writer:20190312110132j:plain

奥さん「あった!」

f:id:kyotoside_writer:20190312110020j:plain

えー!どこにあるか分かります? 

f:id:kyotoside_writer:20190312110136j:plain

でも、後に私も見つけることができました。
まだまだ子供の心を失っていないということでしょうか。わーい^^
(写真、よくよく目を凝らして見つけてください)

f:id:kyotoside_writer:20190312110230j:plain

花びら部分の色はピンク、ブルー、金と銀の4色あります。桜石は国の天然記念物、ならびに亀岡市の石に指定されています。場所によっては採取すると罰則がありますので、ご注意くださいね。

f:id:kyotoside_writer:20190312105817j:plain

ちなみにお寺には母岩付きの桜石や、奥さんが境内で拾われた桜石が展示されていますので、そちらを見学にいくのもおすすめです。
お寺の前には大きな桜の樹があり、春にはそれはそれは見事な桜花が咲くそうですよ!

まもなく京都もお花見シーズンに突入しますが、お寺の近隣には湯の花温泉もありますし、今年のお花見はぜひ亀岡へ訪れてみてはいかがでしょうか。

  • 桜天満宮・積善寺
  • 京都府亀岡市薭田野町柿花中道54
  • 0771-23-3314
  • JR亀岡駅から車で18分

 

source:KYOTOSIDE

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

KYOTO SIDE

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

桜が一年中咲いている場所!?京都・亀岡の桜天満宮と「桜石」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい