穴場や混浴も。コロナ収束後に行きたい、日本全国癒しの「温泉」ランキング【2021】

第3位 川治温泉/栃木県

情緒たっぷり、露天の檜風呂。image by:小林繭

栃木県といえば塩原や奥鬼怒など個性派の影に隠れていますが、なかでも「川治温泉」はその泉質のよさや環境のよさから地元民から熱い支持を集める温泉のひとつ。

川治の湯は、無色透明の単純温泉。肌当たりが柔らかく、熱過ぎずぬる過ぎず。実に丁度いい温度で長湯できるのが特徴です。

メインとなるのが石造りの大露天。夜になるとひょうたんライプのライトが灯ります。image by:星野リゾート 界 川治

川治の湯を楽しめる「星野リゾート 界 川治」では、緑いっぱいの野趣あふれる露天風呂で川治の湯を堪能することができます。

渓流のせせらぎや鳥のさえずりに耳を澄ませ、ゆったりと湯に浸かれば気分は完璧な温泉モードです。

第2位 明礬温泉/大分県

image by:小林繭

大分県別府市内には8つの温泉が点在し、それらまとめて別府八湯と呼んでいます。それぞれが温泉地として栄えており、泉質と歴史もさまざま。

しかし、そのなかでもとりわけ薬効が高いとして知られているのが「明礬(みょうばん)温泉」です。

image by:岡本屋

目にも鮮やかな見事なコバルトブルーの湯を誇るのが「岡本屋旅館」で、このコバルトブルーの湯を求めて別府から足をのばす観光客も少なくありません。

ほかにも単純泉や炭酸水素塩泉など、宿によって異なる湯の温泉を楽しむことができます。あちらの湯、こちらの湯と密を避けながら立ち寄り湯めぐりをするのが、明礬温泉での正しい過ごし方かもしれませんね。

第1位 乳頭温泉/秋田県

葺き屋根の長屋が旅情をそそる鶴の湯「本陣」image by:秋田観光コンベンション協会

温泉天国として知られる秋田県には稀にみる素晴らしい泉質の温泉が点在しますが、その多くが冬季には雪のためクローズ…。


そんな秋田の秘湯にあって、冬季でも公共交通機関を使って訪れることができるのが「乳頭温泉郷」です。

廃校を移築利用した独特の風情が魅力の大釜温泉 image by:秋田観光コンベンション協会

十和田・八幡平国立公園、乳頭山麓に点在する七湯のことを「乳頭温泉郷」と呼んでおり、それぞれに源泉を持ち、その数なんと10種類以上!

妙乃湯の「金の湯」image by:秋田観光コンベンション協会

混浴も多数点在していますが、どうしても裸で混浴には抵抗があるという人は「妙乃湯」へ。

ダイナミックな渓流を眺めながらの露天では、バスタオルを巻いての入浴が可能なので、女性でも臆することなく露天を満喫できます。

今回は、全国各地に点在する癒しの「温泉」ランキングをご紹介してきました。温かい名湯に浸かるだけで、心も身体もリフレッシュできること間違いなしです。

ただし、一部地域では緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出は自粛することが求められていますので、落ち着いたタイミングの癒しスポットとして参考にしてみてくださいね。そして寒い冬の疲れをゆっくりとほぐしてみてはいかがでしょうか。

  • image by:Shutterstock.com(イメージです)
  • ※Google Analyticsを使用した、2020年1月1日〜12月31日までのTRiP EDiTOR内「温泉」関連記事アクセス数にてランキングを算出。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

WebSite / Twitter / Facebook / Instagram / Mail magazine

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
穴場や混浴も。コロナ収束後に行きたい、日本全国癒しの「温泉」ランキング【2021】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます