旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

日本の「夜の性活」がスゴすぎる!外国人が驚いた情交ワード

Array
2021/04/03

「体を重ねる」

image by:Shutterstock.com

赤池:でも「交わる」っていう漢字が含まれてなくっても、夜の営みってわかる言葉とかフレーズとかありますよね。

ホフ:これはかれこれ昔に驚いた記憶があるんですけど「体を重ねる」は、最初「どういうこと…」ってなった記憶があります。

吉川:あ〜、これはわかりやすいフレーズかもしれないですね。体を重ねるって、もはやそれ以外なくない?って感じ。

赤池:たしかに。でも「体を重ねる」っていうのを英語で考えると、「重ねる」が「Stack(スタック)」ですからその時点で夜のことだとは思えないですね。

ホフ:そうそう。ほかにもたくさんあるんですよ、そういう難しい表現方法。

「一線を超える」

image by:Shutterstock.com

ホフ:例えば、「一線を超える」って、まさかそういう意味だとは思ってなかったです。「線」って英語で「Line(ライン)」でしょ?なにが線なの?となって理解するまでに時間はかかったね。それなら単語で「交接」とか「情交」とか覚えるほうが簡単かも。

赤池:男女に限らず、相手との間には「線」があるっていうことなのかな?

赤池:こんなときに便利なのが辞書だよね。goo辞書には「守るべきことを破る。してはならないことをする」って書かれているけど、いわゆる「一線を超える」って夜以外の意味もあるもんね。なんだか「思い切った行為に手を出してしまうこと」を意味するみたいですね。

ホフ:いろんなときに使える便利なフレーズだけど、前後の文章が大切な気がする。


「一夜をともにする」

image by:Shutterstock.com

赤池:それなら「一夜をともにする」のほうがシンプルイズベストで分かりやすいかもしれないです。

吉川:そりゃ、夜をともにするんだもの。

ホフ:たしかに夜を一緒に過ごすっていうことは、そういうこともあるのかなぁ。これはとてもわかりやすいフレーズですね。

赤池:でも、一夜をともにしたって体を重ねるかどうかは同意がないと。そう考えると深読みできる言葉ですね。

「情を通じる」

image by:Shutterstock.com

吉川:「情を通じる」は、もっとエモい感じがするわ。

ホフ:エモい?

吉川:「エモーショナルな」ってことです。感情が高まったときに使うんです。

ホフ:へ〜!知らなかったです。

赤池:あ、「情を通じる」いい…!「」って漢字が入るだけでしっとりとした印象になります。

ホフ:赤池さんは「情」という字が好きなのかもしれないですね。さっきの「情交」といい。余談ですけど「しっとり」とかそういう感覚は日本人ならではだと思います。

赤池:いいんですよね。しっとり感、わかりますか?例えば、ベッドではないんですよね。畳の上に敷かれた和式の布団が似合う言葉だと思います。

「まぐわう」

image by:Shutterstock.com

吉川:昔、学生時代に知ったんだとけど、『古事記』に登場するのが「まぐわう」だった気がする。

赤池:記憶が定かではないですが、「私には足りないところがあるから、あなたの成長しているところで塞いで」みたいなやつですね。

ホフ:なんですかそれ…!そんな古い書物に記載されている言葉ということは、日本初の夜の営みフレーズかもしれないですね。

吉川:たしかに。日本初なのかは不明ですが、「まぐわう」っていまでも通じるし、すごい古くから使われている言葉なんですね。

※日本神話を構成する神話のひとつ「国産み」では、伊耶那美命(イザナミノミコト)と伊耶那岐命(イザナギノミコト)が「まぐわい」を行なったとされている。

いま読まれてます
日本の「夜の性活」がスゴすぎる!外国人が驚いた情交ワード
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます