旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

死者と共に暮らす。海外では当たり前だけど日本では考えられないこと

Array
2022/02/19

海外では当たり前でも、日本では全く親しまれていない文化ってありますよね。例えば、チップ文化もそのひとつ。

日本ではチップを渡す習慣がないため、慣れていないと海外旅行先で「いくら渡せばいいんだっけ…」と、戸惑ってしまうことも珍しくありません。もちろんチップに関してだけでなく、ほかにも知られざる海外の風習や文化はたくさんあります。

そこで今回は、「海外では当たり前だけど日本では考えられないこと」についてご紹介していきます。新型コロナウイルス感染症の影響が終息した際は、海外に行ける時代が戻ってくるかもしれません。世界の不思議を見に出かける旅をまた始めたいですね。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

成人になるとき歯を平らに削る/インドネシア

インドネシア・バリimage by:Shutterstock.com

日本での成人式といったら、何を思い浮かべますか?男女が着飾るなど、日本の成人式も独特です。

例えば市長のあいさつのマイクを奪って壇上で騒ぐ若者の姿などは世界でも衝撃的なニュースとして受け止められるはずですが、世界の成人式もなかなか驚きがたくさん。例えば、インドネシアのバリで行われる儀式もユニーク。

バリとはジャワ島の東にある小火山島で、イスラム教国のインドネシアにありながらヒンドゥー教を信じる島です。古典舞踊、ガムラン音楽などが有名で、その独自な文化が観光地としても高く評価されています。

そのバリの人たちには「ポトンギギ」という、成人式のような儀式があるみたいです。

ポトンギギimage by:Arsa Ingin Moksa/Shutterstock.com

何が独特かといえば、強欲や嫉妬(しっと)、怒りなどネガティブなの衝動を消し去るために、男女ともに犬歯を平らに削るのですね。

<食肉獣ではよく発達して牙となるが、草食獣では一般に退化する傾向にある>(岩波書店『広辞苑』より引用)

と辞書にも書かれているとおり、食肉獣のような荒々しさを犬歯は象徴します。その歯を平らに削ると、未熟な感情を抱かない穏やかで丸い冷静な大人になると考えられているみたいですね。


当然ですがその儀式は、大変な痛みが伴います。手間と費用が掛かるために、結婚式に兼ねたりする場合もあるようです。

人生で最もすてきな1日のひとつともいえる結婚式の当日に大変な苦痛を伴う儀式が待っていると思えば、日本人の場合は、結婚式当日の朝から気が重くなってしまいそうですね。

いま読まれてます
 富山 お土産の切り札に。ノスタルジックに魅せられる富山「ケロリン桶」 ★ 277
 カナダ カナダで愛される定番グルメ。現地の人に聞いた「おふくろの味」は? ★ 70
 中部 かわいいが最強。ネコ愛あふれるパワースポット、福井「御誕生寺」 ★ 116
 国内 この景色、失いたくない。古き良きニッポンの「美しい村」5選 ★ 312
 富山 なぜ富山の山村で?世界的な祭典、「演劇のオリンピック」が開催 ★ 277
死者と共に暮らす。海外では当たり前だけど日本では考えられないこと
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます