旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

涼を求め、水の都へ。湧き水あふれる城下町・長崎県島原市への旅

大原広軌
大原広軌
2015/08/12

四明荘がたたずむ付近一帯には昔ながらの水路が残り、そこにもやはり悠々と鯉が泳いでいます。

島原

水の透明度は折り紙つきですので、防水タイプのカメラを手にして出かければ、他では撮れないようなこんな1枚もものすることが可能ですよ。

島原

一帯は通称「鯉の泳ぐまち」と呼ばれ、こちらを管理されているのも地元住民の方々です。そんな街の至る所には、水神様が祀られています。そのどれ1つとして、毎朝清められていない場所はありません。

島原

そこには、先人から引き継いだ故郷を美しいまま次代に残そうという、地域の皆さんの並々ならぬ努力が見て取れます。そんな心を支えているのは、島原に生まれ育った誇り、ではないでしょうか。

 

下ノ丁武家屋敷通り

「鯉の泳ぐまち」を後にし、続いて訪れたのは「下ノ丁武家屋敷通り」。島原城築城時に城郭西側に造られた下士の屋敷町の雰囲気が、今も色濃く残ります。

島原

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街路中央を貫く、かつては生活用水として大切に守られていた水路沿いに残る武家屋敷は、現在3軒を数えるのみ。しかしこちらも「四明荘」や「鯉の泳ぐまち」と同様、地元の方々によりしっかりと維持管理されています。

島原

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな島原では8月15日、県内各地区同様、お盆前に亡くなった方の霊を弔い極楽浄土へと送る精霊流しが行われます。

島原

今年は曜日廻りもよく当日は土曜日。城下町の雰囲気を楽しみながら、涼しげな湧水を訪ね、そして夕方からは精霊船がゆく幻想的な風景の中に身を置いてみる—。そんな週末を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

写真/長崎県観光連盟 , 大原広軌


四明荘

住所:長崎県島原市新町二丁目

下ノ丁武家屋敷通り

住所:長崎県島原市下の丁

大原広軌

東京都福生市生まれ。ライター、構成作家。一家で妻の出身地である長崎県佐世保市に移住してから4年余り、美味しい海の幸が安価で食べられる幸せを噛みしめつつ、九州・山口・沖縄の絶景スポットを巡る日々を送っている。

涼を求め、水の都へ。湧き水あふれる城下町・長崎県島原市への旅
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
Adobe(アドビ システムズ 株式会社) 詐欺なんて言わないで。旅行中の「失敗写真」を奇跡の1枚に直してみたぞ
 山口 本州一美しい海に架かる橋を渡り、絶品海の幸を。山口県・角島を往く ★ 153
 長崎 長崎和牛100%の肉汁したたる!焼肉店直営「あいかわ」の佐世保バーガー ★ 13
 栃木 那須塩原「小太郎ヶ淵伝説」に残された二つの逸話の謎 ★ 14
 栃木 塩原の混浴温泉「不動の湯」が閉鎖…現場を訪れてわかったこと。 ★ 49
 栃木 その美しさ、振り返らずにはいられない。滝の名所・那須塩原市の名瀑をフォトレポート ★ 12
 千葉 「パンザマストが鳴ったら家に帰ろう」千葉県柏市以外で伝わらない新方言 ★ 977