旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

標準語だと思ってた…上京して通じなかった悲しい「方言」たち

Array
2020/03/27

九州・沖縄 「離合」「ラーフル」

08kyusyu

 

【方言の意味】
福岡県:からう(背負う)、とっとーと
佐賀県:手まぜ(授業中に手で遊ぶ)
長崎県:ねまる(腐る)
熊本県:おひめさん(ものもらい)
大分県:離合(車がすれ違う)
宮崎県:みやがる(イキがる)
鹿児島県:ラーフル(黒板消し)
沖縄:チリ箱(ゴミ箱)

九州・沖縄地方の方言も個性的なものばかりが勢ぞろい!

例えば、熊本の「おひめさん」は「ものもらい」のこと。「昨日おひめさんになっちゃった!」なんていう使い方をするのでしょうか。

大分県ほか九州の一部では、車がすれ違うことを「離合というそうです。このほか、京都出身者や山口出身者も「離合」を使うとのこと。

鹿児島では、黒板消しを「ラーフル」。オシャレすぎてもはや同じ日本語とは思えません!

今回は47都道府県の面白い方言をピックアップしてご紹介しました。普段、みなさんが使っている言葉はありましたか?自分が使っている言葉が方言かどうかは、他県の人と話さないとなかなか気づかないものですよね。

これを機に、気になるあの人の方言で話しかけてみてください。話しが思いのほか、弾むかもしれませんよ!

地元の面白い方言、ぜひ教えてください!

  • image by:Shutterstock.com,編集部
  • ※初回掲載2017/02/01、更新2020/02/27
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちら

標準語だと思ってた…上京して通じなかった悲しい「方言」たち
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます