旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

標準語だと思ってた…上京して通じなかった悲しい「方言」たち

Array
2020/03/27

関東地方 「あおなじみ」、「うっかく」

03kantou

【方言の意味】

茨城県:あおなじみ(青あざ)
栃木県:てばたき(拍手)
群馬県:しゃじける(ふざけてる)
埼玉県:うっかく(真っ二つに割る)
千葉県:もす(燃やす)
神奈川県:横入り(割り込み)

あおなじみができた〜!」と茨城の人がいったら、それは「青あざ」のこと。しかも、全国共通語だと思っていることが多いそうです。

埼玉県では、真っ二つに割ることを「うっかく」といいます。千葉では、燃やすことを「もす」といいますが、「燃やさないで!」といったときは「もすな!」という使い方をするそうです。

次は中部地方です!

いま読まれてます
標準語だと思ってた…上京して通じなかった悲しい「方言」たち
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます