ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

韓国人が最多、花見目当てで3月の訪日外国人は過去最高に

末次優花
末次優花
2018/04/25

いま、日本では「訪日外国人旅行客」(以下、訪日外客数)が増え続けており、日本各地でインバウンドに注目し、外国人旅行客を呼び込もうと様々な戦略を立てています。政府は2020年に4000万人訪日、8兆円消費を目標として掲げています。

そんな中、日本政府観光局JNTO)は2018年4月18日に、最新の訪日外客数2018年3月推計値を発表しました!さっそく、最新の動向をみてみましょう!

今年3月は前年と比べ18%も増加し260万8千人に!

出典:観光統計データサイトのプレスリリース(2018/4/18)

今年(2018年)3月の訪日外客数推計値は、前年同月比で18.2%増加し、約260万8千人となりました。この値は、前年3月を40万人以上上回っており、3月として過去最高の記録です!

また、最新3ヶ月(2018年1月~3月)の合計推計値は、761万8千人にのぼり、前年の同期間と比べると100万人も多くなっており、前年よりも全体的に訪日外客数が増加していることがわかります。

韓国からの訪日客が最多、3月はアジアから花見客が増加? 

それでは、どの国が多かったのでしょうか? 2018年3月の訪日外客数推計値の内訳を見てみましょう。

多いのはやはり韓国、中国、台湾、香港で、「東アジア」が全体の68.9%を占める結果となりました。また、いずれの地域でも、推計値が3月として過去最高を記録しています。特に韓国は伸び率も高く(26.8%増)、SNS での動画配信や航空路線の新規就航を契機とした旅行会社との共同キャンペーンの影響、外国旅行需要全体の増加傾向などから、引き続き好調に推移しました。特に3月は日本で花見をするアジアからの旅行者が増えたのも要因とされています。みなさんの地域の観光地も韓国語や中国語を耳にすることが多いなど、実感が湧く結果ではないでしょうか。

末次優花

鳥取県生まれ。都会からUターンして現在は地元山陰を満喫中。都会に向けて山陰地方の魅力を日々発信しています。
人生最大の目標「ロードキル(動物の交通事故)を無くす!」をモットーに、地元大学で研究に取り組みながら、雄大な自然のなかでエコツアーガイドや移住支援事業に取り組んでいます。

韓国人が最多、花見目当てで3月の訪日外国人は過去最高に
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 「すごい」を意味する方言が、全国47都道府県で全部違っててすごい ★ 3492
 京都 【オトナの京都】闇夜に浮かぶ嵐山花灯路が美しい ★ 20
 京都 【京都ミステリー】「二条城」はなぜ東に3度傾いて造られたのか? ★ 7600
 台湾 【台湾環島】台湾を自転車で一周中に、勇気づけられた台湾人の一言【第2回】 ★ 216
 全国 【決定】日本人が最も住みたい田舎ランキング、総合1位は鳥取市 ★ 1809
 全国 50歳から住みやすい地方ランキング発表。第1位には九州のあの都市 ★ 2899