旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

無印良品が運営してるって。千葉に突如現れた「道の駅」っぽい施設

Array
2018/06/09

シンプルな素材をいかした健康志向のレストランも

「Café & Meal MUJI みんなみの里」の店内の様子です。
ジビエカレー(小)です。

併設されている「Café & Meal MUJI みんなみの里」は、素材そのものの旨みを活かしたシンプルな調理を心がけ、「素の食」をテーマにした健康志向のレストランです。メニューにも地元の野菜を基調としたものが多いように感じました。今回私は、ジビエカレー小(500円)をいただきましたが、こちらにも、地元の野菜がトッピングされておりました。少しスパイシーで、食欲をそそる味付けだったので、“大”の方でも良かったなと、食べた後に感じました。

テーブル使用プレート(漢字は、それぞれ異なります)。テーブル端部の意匠も素敵ですね。

レストランには、ユニークなテーブル使用プレートが置いてあり、自由に使う事ができます。また、レストランのテーブルにはコンセントが配備されており、携帯電話等の充電を行う事も可能という嬉しい心配りがあります。

多目的スペースの様子。

多目的スペースには、様々な本が置いてあり、自由に読めるようになっている他、「みんなみの里」の歴史などを学ぶ事ができるようにもなっています。また、「つながる絵本」と称したプロジェクトも実施されており、読まなくなった絵本を3冊寄贈することで、図書としておいてある絵本の中から2冊を持ち帰る事ができるようになっています。絵本を地域の共有財産としつつ蔵書を増やすという成長型のエコサイクルですね。

無印ブランドの衣料品や雑貨も買える

正面の建物内部の様子。

次に、正面の建物、こちらの建物では、主に衣料品日用雑貨などを扱っています。建物としては落ち着いた雰囲気がありますが、なじみ深い無印良品のお店といった感じですね。衛生面等が考慮され、食材と衣料品とは別の建物で扱われておりますが、この「みんなみの里」に立ち寄るだけで、地域の産物を中心とした食と、無印ブランドの衣料を一度に揃える事ができる事になるのですね。

6次産業のコラボレーションが生まれる場所

開発工房。コチラには、立ち入る事ができませんでした。

最後に、向かって右側の建物、こちらには、「開発工房」と書かれていました。この日は、建物内部に人の気配がありませんでしたが、鴨川市で収穫されるお米である長狭(ながさ)米やかんきつ類などの加工、流通販売といった、いわゆる6次産業化に向けた研究開発施設との事です。

みんなみの里を訪れるお客様と、地元住民および生産者とのつながりや交流を生みだし、地域課題の解決拠点となりたいと考える無印良品の、地域へ向き合う熱意が伝わってくる施設ですね。

テラス席の様子。

こうして各施設を見てみると、リニューアルされた「みんなみの里」は、正に、地域活性化のための施設といった感じですね。そして、上にも述べましたが、鴨川市と地域活性化のための協定を結んだ株式会社良品計画は、今後、空き家リノベーション事業などもサポートするとの事ですから、今後も、鴨川市と無印良品から目が離せなくなりそうですね。

観光地情報
  • 里のMUJI みんなみの里
  • 千葉県鴨川市宮山1696番地
  • 04-7099-8055
  • 【車でお越しの方】国道410号線または県道34号線(長狭街道) 「長狭中学校前」交差点南側すぐ【電車ご利用の場合】JR外房線安房鴨川駅より約10km/バス:鴨川日東バス「みんなみの里」下車すぐ、または「長狭中前」下車徒歩5分
  • 09:00~18:00 ※11月~1月 9:00~17:00
  • https://shop.muji.com/jp/minnaminosato/
いま読まれてます

埼玉県生まれ、都内在住のツーリングライター。主に関東近郊を走り周り、美味しい物や良い景色などを見つけて楽しんでいる。

Twitter

 千葉 千葉のピーナッツはこんなにカラフル。木更津にできた新・道の駅に潜入 ★ 369
 山梨 山間の絶品イタリアン。山梨「道の駅こすげ」の窯焼きピザが忘れられない ★ 382
 千葉 いま、千葉県民の眠りが変わる!地元のアレを使った「ご当地まくら」 ★ 27
 千葉 オトナの分かれ道。54歳から始めた千葉県の乗馬クラブが大成功 ★ 68
 関東 こんな祭りがあったんだ。都内から日帰りで行ける関東の祭り4選 ★ 3
無印良品が運営してるって。千葉に突如現れた「道の駅」っぽい施設
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます